<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【インド・リシケシ】ヨーガ・ニケタン・アシュラム
5:00 メディテーション
6:30 モーニングyoga
8:00 朝食
9-11:00 図書館オープン
12:00 ランチ
15:15 レクチャー
16:00 ティータイム
17:00 イブニングyoga
18:30 メディテーション
20:00 ディナー
その後、就寝。23時消灯。

毎日がこの予定で進む。
時期によって時間が変わるらしいが、
2007年6月現在は、こんなスケジュール。
そう、どっぷりyoga。
合計4日間しかいなかったのですが、
すべて、コノ通りにすごすと、結構習慣に。
インド滞在時、そして時差ぼけの数日をのぞいて日本でも、
結構このルーティンに近い生活を送れています。
人間ってすごいねぇ。

日本のヨーガ・ニケタンで伝統的ヨーガ(主にラージャyoga)を
学んでいるので、コノ目で、この体で、本場yogaニケタンを
見てこよう!と思ったのも今回の旅の目的の一つでも
あり、リシケシ→マナリ→デリーの順で、
すべてのyogaニケタンを回る。

さて、英語の旅情報誌「ロンリープラネット」には、
Yoga Niketan is very strict.
と書いてあったので、どんだけ厳しいのか!!と
覚悟していたのですが、思ったよりフレンドリー。
そして、インターナショナル。

お金持ちのインド人、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、
韓国、アメリカ、台湾、香港、そして、日本。
国が違えど、みなyoga好き。
一度話すとあっという間に仲良しに。
でも、仲良しといっても、それぞれのペースがあり、
程よい距離感があり、やはり皆、自分に向かい合うために
ここに来ているのだ、という姿勢を感じます。
この距離感が心地いい。

初日、なーんのインフォメーションもないので、
どうやったらゴハンを食べれるのか、どういう
スケジュールなのか、yogaはどこでするのか、
水はどこで手に入れるのか、
全く持ってわからず、皆に聞きまくり。

「自分のことは自分でしましょう」という幼稚園で
ならった人としての基礎と、そして、この聞きまくりを
通して、みなとコミュニケーションをとる機会を
持っているんだろうなぁと分析。笑
いろんな人にしつこいくらい聞きまくった。
だって、4日間しかないのだ!笑

「ミールクーポンの持ってないやつは
食事はできねぇ!!」と職人気質のコックに
どやされ、(ただ飯を食べかけた。笑)にもめげず、
「美味しいご飯ありがとね!!」と笑顔で毎食話しかける。
そして、最終日には、「今日の朝食のミールクーポン買って
ないから、朝ごはん食べずに帰るわ~」という私に、
「なにいうてんねん。クーポンなくても、おまえに
また美味しいいうてもらいたいねん。かまへん、
朝ごはん食べていけ!なんならランチも食べていけ!」と
言われたときには、すこぶる嬉しかった。
ほんまに嬉しかった。

通常は、14日以上の滞在が必要なアシュラムも
ゲストハウス宿泊で短期も空きがあれば入れてくれる。
今回、私もそういうパターン。
14日以上であれば、1泊100ルピー(食事・yoga、すべて込み)、
未満であれば、300ルピー。(変動あり)

この数日間で、自分がどうやって今まで
人生を生きてきたかの縮図よーーく出てきます。
末っ子の私は、まずは笑顔。
なんでも、笑顔。笑顔ごまかし。笑
早とちり、最終的ちょっと引くとこ、などなど、
丸出しです。

わからないことをほっとく人は、ほっとくし、
誰ともしゃべらない人は、しゃべらない。
その人そのものが出てきます。
それがアシュラムの良さやと。

才能のあるハタヨガ系の先生達は、まだまだ若くて、
アサナを教えるテクニックは少ないものの、
全員インド人で、インド人の普通のyogaの先生を
垣間見れたことは、貴重。

初日には山ほどいた日本人団体さんが
翌日にはいなくて、たった一人の日本人。
「なんか日本人ぽくないね。」といわれる。
ニケタンには、結構日本人が多くきているらしい。
なのに、1コトくらいしか日本語を知らない。
「これから毎日ティータイムは日本語教室を
ひらいてくれ!」と言われ、急遽日本語先生に。

体の名称、右、左、上、下、回す、引っ張る、
などなどアサナを教えるのに必要な言葉を
絵付でレクチャー。覚え早い。
今度、言ったときは、日本語しゃべれてるかなー。笑

アサナはぼちぼち。
面白かったのは、メディテーションと哲学レクチャーのスワミ。
メディテーションの途中で、コックリコックリ。笑
いや、寝ているのではなく、サマーディーの境地か!?と
思いきや、いや寝てる。笑
レクチャーの英語もかなり、あやふやで、
一番聞き取りやすかったのは、LOVE!という言葉。

でもね、すっごい人間らしかってん。
彼に尊敬の念を通して、足を触る人々が
ものすごくいっぱいのとき、「もうええで」と言って、
帰ってしまうスワミ。笑ってしまった。

きっと人によっては、「なんちゅースワミだ!!」と
怒る人もいるみたいだし、帰る人もいる。
でも、私は彼とのレクチャーの中で、
「LOVE!LOVE!LOVE!
You have to continue to love!」
と言われたとき、左目からつらーーっと涙が
出たのは事実。彼の言葉というよりも、
私の魂が気づいたこと。

みな師なり。他人は自分の鏡。
どんな人でも、自分に何かを気づかせてくれる人。
なんか、そういうのを体感した時間だった。
ありがとう、居眠りスワミ。笑

こういう時間があったからこそ、
1時間半、全く動かずに座ることは、まだ辛かった
私でも、今回の旅を通して、最終的には、
全く動かずの坐禅ができるようになったのも、
収穫の一つだったと思う。

金曜日には、ギルタンでインド人と歌いまくり、
最終日の土曜日には、クリア・ヨーガも体験し、
新月も手伝って、自分の体がマッさらに
なったことを体感し、次の高度4000m
ヨガ行を迎える準備ができた。
我ながら、ええルーティンだよなーーと調子ずく。

病気どころか、すこぶる元気で、
ガンジス川からの風をうけて、
昼寝をし、ヨガをし、美味しいインド料理を食べ、
最高の時間を過ごせたことに感謝。

このアシュラムを作って、海外の人にも
yogaの智慧を学ぶ機会を与えてくれた
スワミ・ヨーゲシヴァラナンダ大師、感謝です。

感謝と共に、すっかりインド人気取り。笑
地元のインド人は、リシケシでも40度を越えるので、
夜は、外の芝生(私の部屋の前の芝生)や、
屋上の風通しのいい野外で寝ている。なんて合理的。
それを見習って、自分の部屋も全窓網戸だけで
オープン!アタシもインド人と一緒に外で
寝ている気分!!なんて、やっていたら、
警備員に「女の人のひとり寝、危ないのでやめてください!!」と
注意されてしまった。あは。
調子ノリが出てしまった。笑
次のチャンティガール移動を目指し、気を
引き締めないと思いながらも、インドに
来てるんだなーという実感が心地いい。

さて、大移動。リシケシ→チャンティガールに続く。
[PR]
by doyoga | 2007-06-25 13:10 | yoga
【インド・デリ→リシケシ】飛行機のような電車
インドのデリーで、45度を体験。
「ちょっとぶらぶらしようかーー」と考えた私が甘かった。笑
ぶらぶらーーと当てもなく歩くこと10分。
あっという間に自分が干からびていくのがわかる。

よく考えたら、体温より高いんやなぁと。
ペルー・イカで、真昼間の砂漠デューンで
サンドボードしていたときを思い出す。
砂漠には人は仲間しかいなかったけど、ここには
うじゃーーーーっと人、人、人。笑

でも全然イヤじゃなかった。不思議に懐かしかった。
大阪の雑多に似ているからやろうか?

駅でチケットを確認と共に人間観察数分。
警官結構怖い。抜き打ち荷物検査。

明日の駅までのルートと、駅のシステムを確認し、
また町ブラ。

暑さのがれに、インターネットカフェ。
数件ならぶ中から、店のスタッフの目でセレクト。
「うん、この人の目が一番キレイ」。
入ったネットカフェは、一番安かった。
そこで、インド滞在数ヶ月の滋賀県レディに会う。
余分な遠慮がなくて、すがすがしい。
好きだ、この人。
旅の直観フル活動。
今までの生活での生命力というか人間力を
試される旅は、やっぱりオモシロイ。

ネットカフェで涼んだ後は、ヘアサロンを探し、
ヘッドマッサージをしてもらおうと、デリでできたばかりの
地下鉄に乗り込む。初乗り運賃が5ルピー(5*3=15円)
だいたい、大阪の安い私鉄初乗り運賃が150円だから、
感覚は10倍がこの国の経済感覚かなとセット。

地下鉄は、荷物検査、人検査があり、クーラーが
きいた快適空間。きっと、ここで1日を過ごす人もいるはず。

そんなこんなでめっちゃ歩いた。
デリーの中心金融街は、英語で会話するビジネスマンが
たくさんいるカフェに入りお茶。いろんな顔、インド。
結構高いヘッドマッサージをあきらめ、美味しい
生マンゴースムージーを頂く。すこぶるうまい!

夕日になり、暑さも軽減し、早朝の電車に備え、
さっさと床につく。睡眠第一!

翌朝、6:30AM発のハリドワールに向け
出発する電車を電光掲示板でチェック。
これ、大事。飛行機のフライトインフォメーションの
感覚でみないと、4番線に入る予定が、30分前で
急に6番線とかに変更になるのでご注意。
ギリギリまで線が決定するのを待って移動するのが懸命。

観光列車系の電車に乗車。
飛行機のように、ティー、朝ごはんが出る
この列車には、多くの観光インド人が乗っている。
そして、みな英語の新聞を読み、NEWS WEEKを
片手に、難しい話をしている。うーん、これもまた一面。

隣に座ったおじ様は、「Sience of なんちゃら」という
難しい本を読む。話すと、大学教授だった。
今から講演に行くという。
生理分析学を教えているという。
私がヨガをしにインドにきたというと、
「ヴァガヴァットギーター」の話になる。

なれないインド英語に耳を傾け、インドの輪廻転生の
考え方、カルマヨガについての自分の考え。
あっという間に5時間が経つ。
いい時間。

※インド英語:全く聞き取れなかった最初。
驚いたのは、menu メニューは、マニュ。
timeタイムは、ティム、と発音されたときは、
目からウロコだった。でも、上手な人はかなりお上手です。

ハリドワールで、頼んでおいた
タクシーの運転手来てない、、、笑

インド時間ーーと思いながらキョロキョロ。
色んなタクシーのおじちゃんに声かけられる。
「いやーすでに頼んでいてさー」とボディトーク。
「来なかったら、うちにのりなよー」と多分言ってる。推測。笑

そこに若い真面目そうなおにいちゃん登場!
さっきのおじさん「ひゅーひゅー!いいね!兄ちゃん!
いい客じゃん!」っと言ってると推測。前向き推測。笑

英語のしゃべれないお兄さんと身振り手振り。
全くわからないようだけど、目は優しい。

そういえば、誰かも言っていた。
「インド人は、目を見ればわかる」
その通りだと思う。

あっというまにリシケシに到着。
ちゃんとメールで予約したアシュラムが
取れているか最後までお兄さん見守ってくれる。
ありがとう。大丈夫です。

デリーを出て、約7時間。
ガンジス川に沿った1階の庭付きゲストハウス。
最高だ。クーラーなくてもへっちゃら。
リシケシのヨガ体験はじまりはじまりー。
[PR]
by doyoga | 2007-06-23 21:59 | yoga
とにかくありがたい
ただいまぁ。帰国しました。インドの山奥から。笑

「インドの山奥でぇ~修行してぇ~♪」
という歌を小さいときよく歌っていました。
その通りの旅でした。

新月をインドで迎え、月の浄化と共に、
すべてをリセット、空っぽにできた
本当に最高の旅ができました。

自我、真我、中庸、執着、愛、幸運、命、絆、感動、伝承、至宝、、
もう、書いたら大阪人としてはくすぐったい言葉を
いっぱい並べれる旅でした。

本当に皆さんに支えられた旅でした。
旅先で出会った人しかり、そして日本で
いてくれる皆さんのおかげです。

本当にアタシは、幸せモノだと、、、じーん。

私にできることは、少しずつですが、旅のことを
皆さんにシェアできることかなと思ってます。
とにかく、これからも何度でもインドへ行きますので。笑
現地の使える情報などをまぶして、ぼちぼちと
ブログ書いていきます。

今はとにかく、
ありがとう。大好きです。

感謝&拝

陽子
[PR]
by doyoga | 2007-06-22 23:13 | yoga
クリア・ヨーガですっきり
インドの山奥でネット繋がらず、思い出し書き書き。
リシケシではヨガ一色毎日決められた予定で朝5時からスタート。満喫。
最終日にはクリアヨーガをついに実行。ネティと鼻管通しは日本でも体験済み。
今回のメインイベントは、塩白湯を4リットルをがぶ飲み後、上から下から一気に吐き出し。
辛かった、、何がって飲むのが。笑
一気に飲まないといけないらしく、これが苦しい。
12時間以上何も食べてない上、クリアで内臓大掃除。すっきり~。朝の朝食粥、食道、胃、腸、どこにいるかが良くわかる。
熟練指導者の元で是非一度!
[PR]
by doyoga | 2007-06-18 12:23
インドの洗礼といえば、、、
皆さん、コメントありがとございます。
時間のあるときにまとめてお返事しますよって、
すみませぬー。

さて、必ず、大抵の人がなるという、インドの洗礼といえば、
「ぴっしゃー(下痢)」でししょうか。笑

日々の生活がよっぽど不衛生なのか、
すこぶる胃腸が丈夫なのか、インド5日目にして、
まったくもって、日々と変わらず。笑

最初は、気をつけていて、消毒綿で手を拭き、
食事をしていたのですが、今じゃ、普通に手を
洗うだけ。さすがに、ミネラルウォーターしか
水を摂取していないですが。

私の旅のテーマで、旅先の食べ物は、
地産地消のものを。現地の人がその気候に
あった食べ物を摂取しているはず!!と
固く信じて、毎日ベジタリアンカレーや
ココナッツのリゾット風など、そして、チャイを
飲みまくっています。そして、マンゴー!これがうまい!
マクロビオテック的に見ると、お米以外は、
すべて陰性の食べ物。みごとに暑さ対策。

暑いところで暑く甘いチャイ?!と思いがちですが、
これが、すばらしく暑さを軽減してくれます。
この過酷な環境で選び抜かれたモノは、間違いない。笑

インド人は、ぼったり、だましたり、するという
ことをよく聞きますが、生きていくために、商売上のこと。
そして、ものの価値は、買う人それぞれが
決めることという感じも。
お互い駆け引き。笑
この駆け引きを楽しむとやめれません。笑
「むふふ、おぬしやるな、、」
という笑顔をされると、たまりません。笑

しかも自ら声をかけるインド人は、
シャイな人で、誠実な人がとても多く、
赤ちゃんを抱かせてもらったり、マンゴーをくれたり、
インドの歌を聞かせてくれたり、素敵な出会いがあり、
本当に、こんなにうまくいって、いいのかしら?!と
幸せすぎると、不安になる、私のいかん癖を
メディテーションで見つめなおし、今に至ります。

「幸せでいいのだ!うまくいってていいのだ!笑」

リシケシの滞在も本日で終わり(短い~)
本日チャンティガールに移動します。
贅沢にエアコンつきタクシー。笑

アシュラムでの体験は、また別記事で。
[PR]
by doyoga | 2007-06-09 16:35 | yoga
インド到着
インドのデリに到着。
夜中に着いて危ないので税関前で
こっそり夜を明かし、朝になってホテルに移動。
いやーデリーは暑い。すこぶる暑い。
そして、すごい人、モノ、動物。

いろんな人がいる。
駅で30分座り込んで、インド人を観察。
どこの国もいろんな人がいるもんだ。オモシロイ。
[PR]
by doyoga | 2007-06-05 14:42 | life
アジアヨガカンファレンス終了
4日間続いたアジアヨガカンファレンスが終了。
コンセプトが「Revolution」、文字通り最初のRevolまでが
ヒンドゥー書体で、残りのutionからはブロック書体。
うまく表現しているなぁと感心してしまった。笑

今なお、伝統的なヨガからの流れを受け継いで、現代でも
進化し続けるヨガ。それぞれ時代に、その時代の人間にとって必要な形で
現れてくるのだなぁと、今さらながら、ゾクッとした。

賛否両論があると思うけど、アジアヨガカンファレンスでは、
ヨガの様々な流派があること、さまざまなアプローチがあることを、
インフォーメーションしていくという点では、とても有意義な
イベントになったんじゃないかと私は思う。
様々な流派が互いに対して、意見を持っていること、
そんな小さなことを笑うかのように時空を超えて、ヨガは続く。
それをギルタンにあわせながら、自然と左目から涙が出たことで
私の身体も魂も、知ってるんだなぁと気づく。
(あは、涙でてもうた。笑)

香港ヨギニ、ヨギーニらしく面々もいるけれど、ところどころで
聞こえてくる日本語、そして圧倒的な英語を話す人々。
”アジア”ヨガカンファレンスといいながら、アジア系は、
見たところによると、3-4割。

@yogaさんの彼女、ビアッテのようにアジアに在住している
欧米系の皆さんが多かったように見える。
そう、ビアッテさんとも再会した。トランスダンスヨガの入り口にて。
「これが一番楽しみだった」って私がいうと、「同じく」とのこと。笑

何クラスか受講して、私自身の今の気づきを
ここにとどめておこうっと。
意味はわからんと思いますが、ご愛嬌。
私のメモとして。

「すべてはつながっている」
「山登りの道のりを変えることなく歩む」
「ただただ歩む」
「すでにすべて知っている」

おっと、もっとアジアカンファレンスのこと、書きたかったのだけど、
そろそろインド「デリー」行きの飛行機が飛び立つ時間。

人間の巣窟、インドへ旅立ちまーす。
[PR]
by doyoga | 2007-06-05 00:15 | yoga
前の旅ブログを書かぬ間に、次の旅。香港→インド
最後のバリ島旅を書く前に、次の旅。
帰ったら、整理しよ。

今回はあっという間のヨガ歴人生の節目に、
ヨガ節目旅中。現代ヨガから伝統ヨガへの旅。
香港で行われているアジアヨガカンファレンスから、
そのまま北インドへ。
キャセイパシフィックは、ナイスな経由。

飛行機のミールもベジタリアンミールで、
ヨガ旅を一人盛り上げる。笑

そのプロローグ、香港に到着。
めっちゃ暑い!!!蒸し暑い!!!
そして、エネルギッシュな街。
ごちゃごちゃーー。笑
汗だくになって、ホテルを探す。
久しぶりだなこーいう一人旅。
バックパッカーだ。

笑厳戒態勢レベル3で、涼しくなったら、
街を探索することとします。

写真をつなぐコードを忘れたので、
忘れないうちに、文章だけアップ。
のち、写真を。

とにかく元気でやってます。

いくつになっても旅人な私に対し、
いつも気持ちよく送り出してくれる家族と仲間に感謝。
ありがとう。
[PR]
by doyoga | 2007-06-01 16:47 | yoga