<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ドコでもヨガでも一部紹介:原稿のおすそ分け
b0069780_9124596.jpg


大好きなお友達から、あるテキストでヨガを説明する部分を
相談されました。
参考にしてね、と、ヨガのあらゆる人や生き方へのアプローチ
方法の違いによって分けられる流派について書いておきました。
その原稿を皆さんにもおすそ分け。

これを簡単に大阪弁で説明したのが、
「ドコでもヨガ」講義部分です。

人や協会などによって捉え方が少しづつ
違うようですが、私なりの解釈として・・・。

すでにヨガをしてはる人は、知っている人も多いと思いますが、
初心者の方や始める前の人に、今、ほとんどのヨガスタジオでは、
この中の「ハタ・ヨーガ」、たまに「ラージャ・ヨーガ」が
実践されているってことです。
(実はこの両方は一つのもの)

まだまだありまっせーー!おもろいよーー!って
知って欲しいなぁと。

私もその一部を薄っぺらく、しっている
だけなんだと思います。ワクワク。

でもねーーーこの辺の部分を話すと、
「やっぱヨガって宗教じゃん!!!」とか
言われちゃいます。笑

そのとき、私はこう言います。

ギャグバージョンの返事
「そなのよーーーー!宗教よー!!
もうすぐしたら、幸せになる壷を売りに行くからね!!」

リベートバージョン
「そうねー。でもさ、あなたの言う、宗教って何?]

人を選んで使い分け。あは!


生き方のツール、ヨーガ、気になるものがあれば、
皆さんの直感にしたがって、本屋さんで、
本を探して読んでみるのも楽しいかも。
年末年始の合間にでも!笑

私もたまっている本、読もうっと!

----------------------------------------------
人が心身ともに健康に生きていくために、
ヨーガでは体を動かすヨーガだけでなく、あらゆる
側面から、生き方を解明してこようとしてきました。
それは、4000年も前からの現在まで続いています。

その中からアプローチ方法が違う代表的なヨーガの道を
下記に説明してあります。目指す到達点は同じです。

> >> ギヤーナ・ヨーガ
ジュニャーナ・ヨガと発音する場合もある。
哲学、知識の面からアプローチする。

> >> カルマ・ヨーガ
働きのヨーガ、行為のヨーガ、無私のヨーガなどといわれる。
自分の一生の行為や行き方を通して自己を完成させるヨーガ。
人生の中で何事にも執着しないことで自由になれるとし、
そのすべての執着を捨てる方法を人生の行為の中で
身につけていく。

> >> バクティ・ヨーガ
愛と信仰のヨーガ、愛と奉仕のヨーガ、信愛のヨーガなどといわれる。
愛は取引をしらず、愛は恐れをしらず、愛は競争者を知らない、
という愛の基本形をもとに、愛そのもので人生を生く自己の探求。
人格神信仰の論理的根拠と実践方法、その究極の境地を説く。

> >> ラージャ・ヨーガ
主に原典として紀元前2世紀に成立した書、
パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」がもちいられる。
瞑想などの精神集中等によって心の浄化と統制を
目標にしアプローチしていく。

> >> ハタ・ヨーガ
アーサナ(体位法)、プラーナーヤーマ(呼吸法)、
ムドラー(印)とクンダリーニの覚醒、瞑想の実践により
身体を維持する。このハタ・ヨーガの理論を仮り、
身体構造に関する概念により体を統制する行法として
マントラをとなえたり、チャクラを覚醒するタントラ・ヨーガという
流派とも重なります。

ここに、今の現代ヨーガの流れ、
アシュタンガや、アイアンガー、ビクラムなどが
含まれるわけです。

(参考文献)
スワミ・ヴェヴェーカナンダ著日本ヴェーダーンタ協会発行
「カルマ・ヨーガ」「バクティ・ヨーガ」「ギャーナ・ヨーガ」「ラージャ・ヨーガ」


ミラ・メータ著
「ヨーガの哲学」

----------------------------------------------

うほほほほ。
読み方によっては、怪しいねぇ。笑

でも、ヨガは、本当にアートでサイエンスで
フィロソフィーなんですよ。
オモシロいっす!

私の身体、心、たましい(うふ、きたね。)に
働きかけるツールです。
[PR]
by doyoga | 2005-12-26 09:13 | yoga
ニセコ雪崩ミーティング:アルゼンチンの救助犬
streamさんのTBから。

大寒波で北陸、近畿北部、もちろん甲信越、
雪のオンパレードですね。

私たち自然の山、雪で遊ばせていただいている人間としては、
雪崩のことがいつも頭にあります。

私の大好きな場所のひとつとしてのニセコ。
ここは屈指のパウダーエリアと同時に雪崩頻発地帯です。

さまざまな悲しい事件もあり、ニセコは独自に
ニセコローカルルールニセコ雪崩調査所
独自に雪崩情報、啓蒙活動を行ってます。

そこで先日ニセコモイワでニセコ雪崩ミーティング
行われました。総勢300名以上。
自分たちで模索しながら築き上げていく力強さ。
私にできることは、このブログで少しでも
こういうことがあるのだとお知らせすることしか
できませんが、一人でも読んでくださればヨシとしたいと思います。

海外で滑ると、日本との違いを感じるときもありました。
現地スタッフのプロ意識を感じた場所は、
南米アルゼンチンにあるラスレナスというスキー場。
森林限界を超えた2800mまでリフトであがります。

必ずエリア外をすべるときは、エリアの雪崩発生エリアの地図、
現在の雪の状況などが書かれている小屋で、書類へのサイン、
サインをしたという証明のリボンを胸につける、ビーコンの所持確認、
などが行われます。その小屋には、スタッフが2名常駐しています。
その小屋の外には、救助犬が待機。↓
b0069780_1331765.jpg

非常に力を入れています。
でも、その力を入れていることで、世界中から人が集まります。
b0069780_13312144.jpg

[PR]
by doyoga | 2005-12-24 13:33 | life
スノーボードで実感。ヨガ効果:体感力があがってた
b0069780_992683.jpg

全国的に大寒波。
例年を思うと、いつもこの時期はまだ「雪不足」と
言っていたのだけど、今年は違うっ。

12月に入って早々。降る降る。
12月はめいっぱい仕事をしようと思っていたが、
ココロうずずずず。

毎週降り続く天気予報を見ながら、
うずうずうずうずうずうず。

ってことで岐阜に行ってきました。前日に決定。
一人でも行こうと思っていたけど、
すごいいいタイミングで、スノーボードの競技仲間で
あった面々からお誘い。

あぁぁぁ、大好きな面々とのスタートは、
なんて幸せなんだ。

私も数年前まではスノーボードクロス(※)という
競技をしていたのだけど、もうここ3年ほど
大会にはでていず、もっから自然山。
でも一緒に行った面々は、プロや競技バリバリ現役。
大丈夫かいな?ついていけるかな?という
気持ちもありながら、スタート。

(※)スノーボードクロス:別名ボーダークロス
コース上にさまざまな障害を設定し、順位を競うスノーボードの競技。
オリンピック競技になりました。


数本はおぼつかない感じ。むしろ怖い。
でも、自然の地形を生かしたコースを見つけてから、
一気にスイッチオン。
いつの間にか自然の落ち込みを飛んでおりました。笑
身体って覚えているからすごい。

自分のリズムと重力と自然のリズムが
ピタ!っとあう瞬間もあり、今年は体感力を
メキメキあげるのを意図していたヨガが
どうもピッタリはまったよう。
軸の持っていきかたも軽い。
嬉しいなぁ。

何だか積み木を積み上げてきたことが
一個積みあがったようで嬉しい。

身体への問いかけは、一足飛びには
いかないもの。ちょっとづつの積み上げが
実を結ぶんだなぁと再確認。
久しぶりのスノーボードでますますヨガが好きになった。笑
[PR]
by doyoga | 2005-12-23 09:10 | life
大阪弁のドコでもヨガ
b0069780_2222209.jpg

吉田山荘で行われた関西LOHAS!畳での、「ドコでもヨガ」
楽しい時間を過ごさせていただきました!
女将は、丸ごとLOHASな方です。
本気で着物の着付けを習おうと思います。
浴衣しか自分で着れないので。。。

主催のいきいきロハスライフ!のイデさん、関西部長のAYAKOさん、
本当にステキな人、温かい気持ちで成り立っているイベントでした。
オーガニック・コンシェルジュの岡村貴子さんとも意気投合。
ステキな人です!

吉田山荘は、本当に素晴らしい場所でした。
すっごくヨガスポットです。
パワースポットです。

しかもヨガの会場は、真新しい畳を入れていただいていたばかりのようで、
すっごくイ草の香りにやられました。

ドコでもヨガでは、かるぅーーく講義の時間、
電車やリビングでも気軽にできるヨガの実践。
60分はあっという間でした。
(budokonのPRも兼ねてbudokonジャージ着用。笑)

どうも一生懸命しゃべると、大阪弁丸出しになる私です。笑
気をつけていても、大阪人とばれる私です。笑
かなり気をつけても、数分後にはバレる私です。笑

時には大阪弁をいやがる方もいらっしゃるので、
ちょっと気をつけているのですが、熱中するとでまくりです。笑

総勢30名の畳でのヨガは、圧巻でした!
皆様の一生懸命な姿に、またココロうるうるでした。

これで少しでもヨガの扉を開くお手伝いができれば、何よりです!!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!
感謝です。

オーガニック・コンシェルジュの岡村貴子さんとも意気投合。
ステキな人です!
主催のイデさん、関西部長のAYAKOさん、本当に
ステキな人、温かい気持ちで成り立っているイベントでした。

ワークショップが終了した後はtipuaさんの布ナプキンや
オーガニックボタニクスさんのオーガニックスキンケア用品、
健麗水さんのお水などのブースを囲み、賑わう懇親会も
盛り上がっていました!

b0069780_22225492.jpg

[PR]
by doyoga | 2005-12-20 22:24 | yoga
またしてもギリギリ告知:do_yoga in OSAKA

b0069780_945469.gifまたしてもギリギリ告知。笑
明日、友達の代行でdo_yogaのヨガレッスンします。
いつもは朝担当だけど、今日は夜。
何をしよっかな~。

師走のバタつく世の中のペースから
自分のペースを取り戻せて活性化する時間を
お届けできればと思います。

ヨガの扉を開くお手伝い。コンコン。

12/16(金)20:00~21:30
H.I.D OSAKA
http://www.hid.co.jp/shop/shop.html
交通手段:地下鉄御堂筋線 心斎橋駅3番出口より徒歩7分

541-0058
大阪市中央区南久宝寺町4-3-5 大阪産業ビル1F
TEL:06-6243-3231 / FAX:06-6243-3336
osaka@hid.co.jp
※人数に限りがあるので事前予約必要です。
[PR]
by doyoga | 2005-12-15 09:45 | yoga
日本のこと:たまには読み物の話でも
b0069780_11185779.jpg
budokonもライフスタイルまるごと提案です。
アメリカ人のキャメロンは日本の食文化、しつけ、など
大変尊敬をしていて、生活に取り入れています。
家の中では靴を脱ぐこと、挨拶、人を尊敬すること。

初めてbudokonに出会ったとき、アメリカ人に
空手の型を習うオモシロさに、日本の方に、
日本の良さを再認識してもらえるきっかけにも
なるんじゃないかな?と思ったのも、budokonを
日本で広げたいと思った気持ちのひとつでもあります。

今週末の和ロハスイベントもコンセプトがあうから嬉しい。
和のロハスクリスマス。
http://lohas-life.jp/kansai_lohas_day.html
畳でするヨガ。「ドコでもヨガ」

昔、学生の頃、海外に行きたくて行きたくて、
留学もしたくて、そんな思いを親にぶつけたとき、
母に言われたセリフ、今でも思い出します。

「あんた、海外行きたい行きたいって、海外に
憧れているみたいやけど、そんだけ海外がエエって
比較にしているあんたの文化、日本をどれだけしってんの?
ちゃんと自分で知ってから言ってるんか?」

って言われて、結構衝撃の言葉でした。

その言葉を単純な頭の私は受け止めて、
「よっしゃ!!!海外に行きまくる前に、日本を知るぞ!」と
東海道、自転車一人旅を敢行したものです。
折りたたみ自転車で大阪から鎌倉まで一人旅。
雨にもやられ、半泣きになりながら自転車をこぎ、
静岡のおばちゃんには、「今の男の子?女の子?」と
すれ違いざまに言われた旅。笑

その後、ヨーロッパの一人旅に行きました。
その後、日本史の高校教諭の免許も取得。
その後、全部の都道府県を制覇。

我ながら単純だよなぁと思います。

んで、その私は、ジュリアーノとオードラ(キャメロンの妻)が
取り入れているRAW FOODのことを知る前に、
刺身などRAW FOODも取り入れている日本の食を
知りたいなぁと思っていたときに、薦められた本がこれ。

「養生訓」 貝原益軒著
儒学の人だけど、かなり当時では長生きした
パワフルじいちゃんが、よりよく生きるためのことを
まとめたもの。当時の食生活などがよくわかります。

なかなかオモシロいです。
最近、読みたい本が多くて、こまっちまいます。
結構読むのは早い方だけど、速読法ってどうなんだろ?
内容深くまで理解できるんやろか?
どなたか実践している人教えてください。
[PR]
by doyoga | 2005-12-14 11:21 | life
バリ島でヨガる「AYA YOGA RETREAT in BALI」
b0069780_189085.jpg


この写真は私がバリ島で宿泊したヴィラのひとつ
「バグース・ジャテイ」のヨガスタジオ。
六角のスタジオはオープンエアで最高のロケーションです。

YOGA BEAUTY最新号のバリ編でお世話になった
バリ・ツアーズさん主催のAYA先生リトリート情報です。

バリ・ツアーズの社長さんは、YOGA BEAUTYの取材を
同行していただいて、いつしかヨギーに。
スタッフもヨガ好きのバリ島現地に根付いたツアー会社です。
親身になって、そしてクイックに動いてくださいます。
なかなかいませんよー。

そんなバリ・ツアーズ.com のヨガサイトも必見。
@yogaさんも熱帯ヨガライフさんも登場。
恥ずかしながら私も載せてもらっています。
バリ島のヨガ教室体験、バリ島で開催されるヨガリトリート情報、
ヨガクラスがついた宿泊プランなど掲載。

さぁ、まずは気軽にリトリート体験。
なんていったって寒い日本と違って向こうはヌクヌク!

「バグース・ジャテイ」は食事が超おススメ!!!
敷地内で取れた有機野菜は、やられます。
本当においしい。また食べたいなぁぁ。

-------------------------------------------------------
期間限定「AYA YOGA RETREAT in BALI」

オーガニック野菜の食事とヨガで身体の中と外から癒される
ウブドの秘境に佇む「バグース・ジャテイ」に泊まる
3泊4日ヨガ・パッケージ
★2月16日(木)〜19日(日)/毎日朝食付き
★場所/バリ島・ウブド
★宿泊先/Bagus Jati Health & wellbeing retreat
(バグース・ジャティ・ヘルス・アンド・ウェルビーイング・リトリート)
★ツアー内容/アヤと行う毎日のヨガレッスン(朝・夕)、毎朝のヨガのティーブレーク、2日目のパーティービュッフェディナー、3日目のディナー、空港送迎 など

-------------------------------------------------------
透明な気に包まれたウブドのオウス川渓谷に建つ
白木のデザイン系ヴィラ「ウマ・ウブド」に泊まる


3泊4日ヨガ・パッケージ
★2月23日(木)〜26日(日)/毎日朝食付き
★場所/場所/バリ島・ウブド
★ 宿泊先/UMA UBUD (ウマ・ウブド)
★ツアー内容/アヤと行う毎日のヨガレッスン(朝・夕)、毎朝のヨガのティーブレーク、2日目のパーティービュッフェディナー、3日目のディナー、空港送迎 など

上記リトリートツアーに関する

詳しい料金・内容などのお問い合せ・ご予約は
http://www.bali-tours.com/yoga/retreat/ayayoga.html
-------------------------------------------------------
[PR]
by doyoga | 2005-12-13 18:09 | yoga
budokon(武道魂)LA合宿:必然番外編
b0069780_99833.jpg


やってしまった遅刻・・・。
なぜかきっちり朝起きたのにも関わらず、何かしらストップがかかり、
出発が遅れたbudokon最終日のフリータイムの朝。
「間に合わないかもしれないけどチャレンジだー!」と
車を飛ばす私にストップをかけるように、ことごとく赤信号。
budokonスタッフ(@yogaRin)&ティーチャー合計4名はがっくし。

今回、ステキなLAヨガライフをアテンドしてくれる
尊敬するヨギーニ・カメラマン・Mさんとの大切な待ち合わせなのに!!
なぜに???
ハテナが?????頭をかけめぐる。

途中から、

「あれ?なんだか止められてる?行けないのも必然???」
とココロがシフト。

そんなお気楽な気持ちになった私たちを、遅刻を嫌な顔もせず
迎えてくれたMさんをまたしても尊敬。

やはりこの遅刻は当然必然で、しかも、それ以上に
何らかの吸引力を感じずにいられない一日に。

以前、yoga beautyの取材でLAに行った時に、
どうしても実現したかったのが、パワーヨガを全米に広げた
功績者の一人であるブライアン・ケストの撮影をレイク・シュラインで
行いたかったって事。
単純な私の頭は、

レイクシュライン=ブライアン

というキーワードで頭がぐるぐる。でも、あえなく
ブライアンの撮影は、レイクシュラインで行われることは、
実現せずに、がっくりしていたのだけど、今回で謎が解けました。

ブライアンのスタジオで見た同じ写真たちが
レイクシュラインにも並んでいました。
あぁぁ、これだったのかぁ。

必然出会いを一挙公開。

1.レイクシュラインでココロがグランディング
マリブのヨガへ行くはずの予定が私たちの遅刻で変更し
SRFレイクシュラインへ行くことに変更。
なぜかガーデンは閉まっていたが、そのかわりに寺院のミサに参加。
教会といっても、掲げているのは、ヨガナンダ(美形のヨギー)、ガンジー、
キリスト、仏陀、などなど尊い行いをした聖人たちが宗教を超えて、
集まっている、本当にレアな空間です。

ヨガナンダさんが「すべての宗教も、聖職者も、聖人も、そしてあなたも、
目指しているのは、同じ境地。」というコンセプトで立てられた寺院。
※レイクシュラインの詳しい説明は、LAヨギーニの由紀子さんのページで!

素晴らしい体験でした。
寺院のドアを開けると、
”シュパーーーーーーーーーーーン!!!”とエネルギーが
全身を突きぬける。すごい。
寺院で様々な人種、年齢の人が一同に200人くらいの
「オーム」とチャンティングの真っ最中。

あまりにも集中された時間で、その中に入ることができないけど、
ドアの外にいるだけで、ピカーーーン。
チャンティングが終わり、皆さんが部屋から出た後、
私たち5人も、そのギフトを味わうように、それぞれのペースで
メディテーション。

本当にいい時間でした。
メディテーションでは、踊る王子がやってきたり、
なんだかオモシロイ映像もやってきましたが、
ただただ、この瞬間に入れる喜びを全身で感じます。

ココロの洗濯ができました。
私の何かがシフトし、グランディングした
特別な時間だったと言っても過言ではないです。
私の遺伝子が人類の進化の波をサーフした瞬間でした。

ありがとう。
ナマステ。

2.導かれるままにジュリアーノ
ランチはMさんおススメのサンタモニカのRAW FOOD。
行くまでは全く知らなかったのだが、そのお店は、
「ローフード料理の第一人者ジュリアーノのレストラン。
彼の著書ローフードの研究本(キャメロンの妻:Audraの愛読書でもある)
「Raw: The Uncook Book : New Vegetarian Food for Life」は、
全米で大人気の著書だ。

ローフードは、今までのベジタリアン料理とは一線をかくし、
見た目も味も美しい、NEWベジタリアン料理。
すごく少ない量で満腹。

それを知った瞬間、おもむろに外の席で、上半身裸で日光浴をはじめた
男性が実はジュリアーノ本人だったことを知る。

同時に@yogaさんが、「彼の日本語版を日本で紹介する?」という
素晴らしいアイデアの声に私が私でない、あのモードに。

気づいたら、Mさんに「食事中にすみません」という英訳を聞き、
ジュリアノ氏の元に、歩いていた。
その著書にサインをもらい、その場で日本語訳の話に。
本人大乗り気。
そいうことで、やります。

b0069780_9121819.jpg


3.ブライアンとの再会
夕方にブライアンのクラスを受ける前に、彼のショップへ。
4月のLAから8ヶ月ぶり。
すると、当時は妊婦だった奥さんがいるではないか?!
しかも腕には、赤ちゃん。
横にはブライアン。
b0069780_9143739.jpg


再会を喜び合い、これも運命と感じ、日本へお呼びすることに。
@yogaさんは、しっかり彼にサインをもらっておりました。

彼のクラスは、本当に素晴らしい。
あんだけ人を笑顔でFLOWさせれるティーチャーは貴重。
彼からは学ぶべきことがごまんとある。
大好きなティーチャーのひとりだ。

彼の声にもやられる私。
もっと英語がわかればな~~。

英語がわからない分、”感じれる”自分も好きだけどね。笑
英語の面はサポートしてくれるたくさんのステキな人が
私の周りにはいらっしゃる。何でもひとりでするのではなく、
他の人とできる役割を分担する、それがひとつになった時の
ダイナミックな力を感じると、やめられまへん。笑

budokonもどんどん進みだしていきます。
いろんな人が関わってくれています。
本当に嬉しいこと、幸せなことです。

さてさて、今日は、budokonティーチャー関西&名古屋組で、
大阪で勉強会です。皆さんにbudokonを伝えるために
何度も勉強会をして、皆様の下へbudokonお届けしたい。

どうぞ皆様今後も応援よろしくお願いします。
[PR]
by doyoga | 2005-12-12 09:31 | yoga
budokonイントロダクション・ティーチャー誕生!
b0069780_20423479.jpg

合宿無事終了。ただいま!!
いっぱい皆さんの暖かいコメントいただいていたのに、
お返事遅くなって申し訳ないです!

LAから大阪に戻らず、成田に戻り、そのまま東京で
動ける限りのことをしてきました。やっと大阪の家へ。
自分の仕事とbudokonを種まきしまくってきました。笑
新たな花が咲く予感。

さてさてbudokonの公式サイトwww.budokon.jpでは
すでに発表していますが、今回のLA合宿でイントロクラスを
レッスンできるティーチャーが5名誕生!
来春には正式ティーチャーとなる最有力候補です。

今後各地でコミニティレッスンを行う予定。
日時、開催場所は順次ウェブで発表いたしますのでお楽しみに。

今回誕生したティーチャーは、スタッフのRinさん、@yogaさんを含め
5名の方でエリアも東京、名古屋、京都とバラエティに富んでいます。
これからも精進して、全国の皆さんにbudokonの面白さ、楽しさ、
真髄を伝えていって欲しいです。

よく、「doyogaさんが一番正式先生になるんでしょう?」と
言われるのですが、今回のLAでは私はTTを受けず、完全
裏方スタッフですごしました。理由はいくつか。

1.budokon合宿の様子を雑誌で特集するため、
LA現地の取材が必要だったから

2.アメリカで運転経験のあるスタッフが私しかいなかった。

3.裏方スタッフでいけるのが、私しかいなかった。

4.たまには完全裏方で”カルマヨガ”してみたかった。

5.今一番私の力を最大限に活かせることは、
budokonを日本で浸透させることだから。

でも、可能な限りの時間を作って、budokonをレッスンしてきて、
アメリカでのbudokonコンセプト、LAのヨガ事情、などなど
本当に充実した時間を過ごすことができました。

LAは縁ある場所のようで、オドロキの必然出来事が
あれよこれよとやってきて、自分がアンテナであることで
起こるダイナミックな時間でした。
次記事でつづりますね。
[PR]
by doyoga | 2005-12-10 20:43 | yoga
budokon合宿で突然娘が乱入!
がっちりキャメロンとの飛び込みハグで再会!!

本当に、みんながんばっています。
お互いにフィードバックしあったり、本当に
素晴らしいメンバーが集まりました。

キャメロンの家で、細かなヨガのポーズを
確認しあったり、していたときに、
キャメロンの娘乱入!
しっかり空手のポーズをきめてくれました。

食事は、朝、昼と、キャメロンの奥様が
栄養士の知識を活かして、オールオーガニックの
食事を毎回用意してくださいます。
本当に感謝です。

暖かい家族を肌で感じた参加者は、すっかり
奥様の魅力にはまっています。笑

b0069780_1139111.jpg

[PR]
by doyoga | 2005-12-03 11:39 | yoga