カテゴリ:life( 107 )
阿波の国、神山
来年のことを話すと鬼が笑うというが、
去年のことを話すと、鬼は泣くのか?!笑
去年のことやけど、仕事の合間に写真がでてきて、
思わず書いてまう。

昨年末、怒涛の忙しさとココロのしんどさを
押し切って、友人Iの誘いで、阿波(徳島)の神山へ。
Iは、アムステルダム→ハワイ→神戸実家
って経路から、あっという間に高知へ移住。
彼女は、人生なんとでもなる、を地で行く人。笑

「楽音楽日」というイベントへ。6年前、子供のクリスマス
パーティであふれるジャンク菓子を見て、
疑問に思った夫婦が始めたクリスマス会。
いつしか、地域マネーが誕生するまでに。

すでにクローズされたスキー場を利用して、
2日間、歌えや踊れや、呑めや、遊べ!
下はゼロ歳から上は70歳まで集まる集まる。

「あ」「わ」の国、「神の山」
邪馬台国阿波の国説もあるよなとこ。
アとは天、男(始まり、創造の音)
ワは地、女(終わり、結びの音)をあらわす。(神主談)

その名前の通りのとこ。
石垣島に続いて、ぶいーーんぶいーーん、
地から螺旋を感じるエネルギー。

空海さんが、地理的だけでなくて、
阿波の国を第一霊場を霊山寺にしたのは、
意味あってだなーと。つくづく。
今度来るときは、お遍路ヨガしに来ます、と合掌。笑

阿波一之宮 大麻比古神社
を、囲むように数々の寺が位置されてる。
ここの神木の横で木のポーズしたときゃー、
脳天ぶひひ。笑
ここの狛犬は、むふふ。

b0069780_145564.jpg




神山にある
上一ノ宮大粟神社
ふたつは思うに対?!
神仏融合が色濃く残り、そうそう、これこれーと、
昔の井戸がでたところで、一興。
b0069780_174155.jpg


ここの神主さんが、またおもろい。
阿波の歌を研究している。
神主さんと夜、酒を酌み交わす。

翌朝、この神社で、褌で踊る男衆とコンチキ踊る。
ジャンベ、 法螺貝、笛、石笛、歌、踊り、を奉納。
境内を旋回する鳥を見ていると、
自然と体から踊りがあふれ出て、
境内の前で自然と巫女ダンスをしてしまう。
これぞ、トランスダンスヨガ。笑

神に捧げるお神楽。
きっと、ソースは、こうだったに違いない。

♪踊る阿呆に見る阿呆。
同じ阿呆なら踊らにゃソンソン♪

ええ歌や。人生と一緒やとおもてまう。

b0069780_17956.jpg


トイックというフリースクール
のびのび遊ぶ子供たちを見て、
ジャンベで踊りまくる夜。
アフリカからアーティストが来日。
一人、龍笛をピーピー。
b0069780_120313.jpg

70年代ヒッピー世代の人々が楽しそうに
踊る姿は微笑まし。笑

全食オーガニックでめちゃうま。
スタッフさん、農家さんに感謝。
地域の野菜と魚で、 食でも土地を感じ幸せな時間。
チャパティ焼くのに夢中。顔も粉だらけ。
b0069780_195751.jpg


笑って、踊って、瞑想して、寝て、食べて。
これぞ、生きる!
集まった人々がヴァイブしまくってました。

これでーいいのだー!あ!
これでーいいのだー!
ボンボンバカボンバカボンボン!

ボンボンは、梵梵?!笑

歌と踊りとともに、アタシは、元気になった。
これでいいのだ。ありがとう。ナマステ。
[PR]
by doyoga | 2007-01-30 01:24 | life
雪山でヨーガ!と滑りましょ
いつも恒例のヨガ教室させてもらっているH.I.D OSAKAさん主催。
ヨガの後の何気ない話から生まれた企画『ガールズスノーツアー』
女性をメインにしたツアー。*もちろん男性の参加も可能です。

「いつも男の子とばかりでスキー場にいくのあきた」
「滑る前や後に、軽くヨガして滑りたい!」

という声にお答えして。
ヨーガして、気持ちよく、雪山と一体になりましょ。うひひ。

山とひとつになる、これもヨガやと思いますです。

----

日時:2/4(日)
2/3 (土)神戸22:00より順番に出発---バス車中 泊
---2/4(日)早朝ホワイトピアたかす着
---16:15ホワイトピアたかす出発---22:00大阪
(梅田2町目西周辺/毎日新聞社前周辺)

場所:ホワイトピアたかす
交通方法:ツアー会社が企画している日帰りツアーでの参加
集合場所:神戸駅、なんば駅、新大阪駅、梅田駅、吹田駅、京都駅
(詳細はSTAFFまで)
参加費(交通費+リフト券):女性12,800円/男性13,800円
*お友達割り引き:お友達と参加の方は500円引き。
レンタル:カービングスキー、スノーボード:2300円
スキー、スノーボードウエア:1500円
*事前にお申し込み下さい。


*お申し込みについて
ツアー参加ご希望の方は申込用紙に必要事項をご記入下さい。
ツアーの詳細など詳しくはスタッフにお気軽にお尋ね下さい。
お申し込み後、キャンセルの場合は日にちによりキャンセル料が発生いたします。


ご参加・お問合せ(担当:ニシカワ)
H.I.D OSAKA:06-6423-3231/osaka@hid.co.jp
SEARCH:06-6536-6719

------------------------------

b0069780_23766.jpg

[PR]
by doyoga | 2007-01-22 02:37 | life
年忘れ&子供って素晴らしい!
年末ギリギリになって新年を迎える準備に街はザワザワ。
1階は掃除して何とか新年を迎えることができそうだ。
お正月のお花を準備した。
あとは、仕事場だが、仕事が年内に終わらせる予定のものが
終わらずに、その様子どおりに乱れてる。笑
わかりやすいわ。笑

年忘れって素晴らしい!
こういう区切りがあると、色んなことを整理する
きっかけになる。空間もココロも身体も。

友人のるんちゃんが日記で書いていた
お嬢の保育所先生からの一言。
(るんちゃん引用させてもらいました。ありがとう!)
改めてじーーん。そうやなぁ。

-------
「お母さん、子供は大人と違って過去を振り返らないんですよ。
今ある現実に一生懸命で、常に前向きなんです。
大人はどうしても過去を美化したり、今と昔を比べたりしますが、
子供はそんなことしない、大人が思うよりも
子供は強いから心配いりませんよ。」
------

本当にその通り。
大人になったけど、過去は反省して、(これ大事)
次に生かして、今を生きる。
今、それがいつの間にか過去になるだけ。

最近、甥っ子の一句にもじーーん。
「本当の強さは、やさしさだ」

やるなぁ。

さぁ、あと3日の2006年、ひと踏ん張り。
やるでぇぇ!!

ささ、仕事仕事、掃除掃除。笑

のんびり楽しく一生懸命生きる!
決まった!2007年のテーマにしようっと!!

b0069780_11375494.jpg

ペルーの踊る子供たち。
[PR]
by doyoga | 2006-12-28 11:37 | life
サンキュー!ビリー!プロジェクト

2002年のフジロック以来、計17回のショーを行ってきた
ストリング・チーズ・インシデント。大好きだ!!
すでにご存知の方も多いだろうが、その中でいつも
ご機嫌な雰囲気をかもしだしてた『ビリー・ナーシ』が
来年の夏でバンドを離れるとアナウンスされました。
あの笑顔で何度和ませていただいたか。。。
2002年のフジロックでは、ここは宇宙かい?!という
出来事を提供してくれ、今でもあの感覚は忘れられない。

ビリーにみんなで感謝の気持ちを贈りたい、
伝えたいといことでプロジェクトが動き出しました。
オリジナルのバディックにメッセージを書き込んで、。
それをビリーに届けるというプロジェクト!
2枚のバディックが仙台から佐賀までを巡ります。

いつも大阪でヨガをさせてもらっている&ウェブの
ディレクションをさせていただいているH.I.D直営店
H.I.D OSAKAさんに12月25日夕方までディバックが
置かれています。早速私も打ち合わせの際に、
メッセージを残してきました。

Many Thanks, Billy! See you soon....by YOKO.
きっと、すぐに、会えるよね。
ありがとう、ビリー。
(あ、@ヨガさん彼女の名前と一緒や。。笑)

b0069780_16202699.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-12-22 16:20 | life
自虐的カット&代々木UTLで癒される
名古屋で居心地のいいヘアサロンmilimiliで、
長いロングにパーマをかけたのが2ヵ月前。
スパイラルで爆発頭。気に入っていた。
シンプルさに拍車をかけたくて、爆発したくて、
頭も爆発させた。
髪は、自分の一部、ってよく言ったもんだ。

髪は女の命や、と昔の人は言いました。
何かよくわかる。

そして、自分の気持ちをシンプルにしたいのに、
人への気持ちを優先しすぎて、芯がゆらゆら
揺れている自分に渇!を入れたくて、
バシーーっと決断したくて、バサッ!!と。
年々ぶりやろ。

うわーーー!!なんと頭が軽い!
シャンプー楽々!!

何かを決断したり、決めたりするとき、
髪を切ったり、ハワイ島の桟橋から、30m下の
海へそのまま飛び込んだり。
アタシは、なんて自虐的なんだろう。苦笑
原始的やなーとも思う。

「髪切っても何も変わらへんで。」

そうなんやけど。
髪についた自分の気持ちや念を切り捨てたかった。

こう書いて、ついに唯我独尊嫁、離婚か!!??と
思われる人も多いかもしれませんが、それはありませぬ。
仲良しです。笑

色々あっても、それは、過去。
過去の出来事を書くのは、好きじゃありません。
が、正直しんどかった。きつかった。

ヨガしているときは、頭は真っ白になれた。
決断が鈍ったとき、ココロに問いかけた。
ヨーガ、ヨガ、よが、YOGA。
基準をヨーガに置きすぎても、それも執着だと
いうことにも気づいた。ありがたかった。
ある事実も、ある側面によって異なることも。

あるがままでいいじゃないか、いじゃないか、
いじゃないかー、伊勢のめいぶーつ♪(赤福の歌。)

そのまんまの自分を認めようと思う。
がんばれ!アタシ。笑
一歩づつ。

でも、やっぱヨガやっていて良かった。
しんどい時、ココロに迷いがでたとき、
気持ちをフラットにできる、今を生きるになれること。

いっちゃんしんどかったとき、前から行きたかった
代々木にあるアンダーザライトというヨガスクールに訪問。
その前に、明治神宮でちょっと笛をぴーひゃら。
ヨガやbudokonを通じて出会った人々にも癒される。
本当にありがとう。
立ち戻れた。チャーーージ!

あーーおもろいな、人生。
ありがたいな、人生。
生きてるだけでまるもうけ、や。

さーーがんばるでぇ!!

↓アンダーザライト・スタジオにて。
写真苦手なので目をつぶる。あ、初顔出し。笑
b0069780_2321381.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-12-20 23:16 | life
千葉麗子さんとシンクロ。
規模は、全然違うけど、共通点を感じることが多かった。
千葉麗子さん。
デジタルコンテンツの会社の社長で、ヨーガを愛する人。

私は私の技量というか、性格というかが、
自分でもわかっているので、千葉さんみたいに
多くの社員さんを雇うことはなく、ずっと基本一人だけど、
小さい小さい会社をやってます。
そして同じく、ヨーガの道を歩むワタシ。ちょい似。笑

インターネットの仕事に関わって、そろそろ8年になります。
良く考えると、10年前までは、素晴らしいアイデアや商品、人を
持っている会社や人がなかなか埋もれてしまいがち
やった世の中が、インターネットによって、表現できたり、
知ってもらうチャンスが多くでてきたと思います。
そーいう可能性を秘めたお道具がとても気に入り、
今に至るわけです。

だから私の視点は、創りこむことも好きですが、
「どうしたら、このお道具を有効に何かに生かせるかな?」と
考えることが好きです。

だから、このお道具を使って、いい商品やいい人や
いい出来事を広報するというプラスのエネルギーを
振りまいて、いいヴァイブを生み出したいと思って、
やってるんやなーと振り返って、カッコつけると、
そんな感じです。笑

そんなときに、budokonに出会いました。
budokonは楽しい!その楽しい!を通して、日本の素晴らしさを
人々に認識してもらいたいなーという気持ちが大前提だけど、
全く日本で知られていないbudokonを、どうやったら、
お金もあまり使わずに、このお道具を使って、
知ってもらうことができるだろう?という実験的な
気持ちもありました。スケベ根性だね。笑

そして、多くの善意ある人々に囲まれ、
キャメロンの熱意で、色んな人に知っていただく
ことが、できるようになりました。
素晴らしい先生たちも誕生し、理解あるスタジオに
導入していただき、走ってきました。
私の中では、カルマヨーガの一環に。

そして、やっぱり確信しました。
すべてつながっているのだなのと。
アナログ、デジタルって、全く違うものとして
分けがちだけど、いや一緒やなぁって。
このキーボードをうつ、この私の手がうつ、文字。
文字にのる言葉の魂。それをインターネットが
媒体となって、受け取ってくれる読み手の元へ。

私の頭からびーんと飛んで、みなさんの元へびーん。笑
だからこそ、正直に。ありのまま。
人は傷つけることはないように、注意深く。

よりシンプルに向かう道のりは、険しい。
でも、もう決めたのだ。
注意深く自分の心に問いかけながら。
うう、しんどい。

インテグラルヨーガスタジオの取締役を辞任した
千葉さん、ただいま気管支炎。きっと、彼女もシンプルに向かう道のりなんだろな。

そんな私も、ここ一週間喉が痛い。
しゃべらず、ただ、だまって黙黙と歩めということだろうと思う。笑
ヴァガヴァット・ギーターの戦士のように。

b0069780_11431051.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-12-06 11:43 | life
富士山
近頃、よく富士山が浮かぶ。
泣いてるんだな~。

2年前、富士山に登った。ゲロりかけた。高山病。
山開きしていなかったようで、確か3合目ぐらいから
スノーボードとブーツを担いで、登る。ヘトヘト。
7合目で、頭痛でダウン。頂上に登れなかった。
7合目から5、6合目付近までスノーボードで
滑って降りた。降りるのは、なんて楽チンなんだろうと。

一緒に登った右京さんは、へっちゃらだった。
むしろ、頂上に近づくにつれ、足が速くなっていた。
おそるべし。。。

来年は、どうかな。
スノーボードを担いで登った富士山。
まるで人生のようで荷物が一杯だったんだなー。笑
来年4月か5月に登る頃、荷物はいっぱい
降ろせてるだろうか?笑

よりシンプルにシンプルに。
過酷な人生をおくってきたからこその自然体である
沖縄のおばあやおじいのように。

b0069780_11495450.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-12-04 00:46 | life
関西人による「十五夜の宴」でまったり
NaYOGAさんのご縁で、中秋の名月に行われる
十五夜の宴」に行って来ました。
チドリヤコーポレーションの社長とRAHOTSUのオーナが
意気投合して、奈良のレイヴが始まった。
今年は、奈良公園で。

お鹿様のお糞がたくさん転がっているとこに、
下は赤ちゃんから上は、おじーちゃん、おばーちゃんまで
見事に全世代集合のエエイベントでした。

アーティストも早々たるメンバー。
UAをはじめ、新進気鋭のアーティストが並ぶ。
奈良という土地柄、お坊さんとのコラボレーションもあり。
お経とパーカッションのリズムが最高に心地よく、
UAの奄美民謡より個人的にヤラレた感。

読経とパーカッションのコラボレーション。
やられました。。。気持ちよすぎる。
本気の奈良の各お寺のお坊さんが集まり、
六角ドームでマントラを唱えます。
それにあわせて、音ものが彩る。
大好きな雅楽の演奏ともあわさり、ゾクゾクです。


こんな感じで。もうヤバイ。
ダンナもやられていました。
b0069780_23504838.jpg


奈良は盆地で、夜まで続く。
さびーーーー!って野外レイヴで思ったこと何度もある。
踊りまくりの曲ならいいのだけど、アンビエント系の曲で
椅子や地べたに座り込むと、さすがに夜は冷える。
夜通し行われるレイヴで何度、ひもじい思いをしたか。。。
今回は、学習した!準備は万端。
なんたって、MOVがある

b0069780_072915.jpg

えへへ。足が割れている寝袋。
マミー型にはない、心地よさ。
このMOVのフィールドレポートも兼ねて。

アンビエントの曲が続くこのレイヴでは、
まったり曲を聴きながら、眠たくなることも多し。
ウエアのジャケットもいいけど、まるで布団の中で
聞いている心地をMOVなら作れる。
じゅわーーーんと暖かい。
最高だよ、、、MOV、、、。

心地よさは言うまでもなく、この私の腑抜け加減の
写真を見てくれたらわかると思う。笑
溶けていく。
なんたって、寝袋を着ながら椅子に座り、
熱燗片手に足を組み、曲に身体をゆだねる。
最高だ、、、

今回はMOVを奈良公園の鹿様のお糞で、
MOVを汚したくなかったので、しなかったが、
普通の芝生や葉っぱの上なら、感じるままに
そのままゴロンとなれる。
いやーーーたまんない。

偶然に友達とも会う。
こういうところに来ると、「行くよ!」と
言っていなくても、会う人には必ず会う。笑
うまいことできてる。

そういう必然がわたしゃ、好きだ。

b0069780_23541077.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-10-13 23:54 | life
マントラ・般若心経・言霊
後輩のasukaちゃんのマイミクさんが、
ミクシーで書き留めていた歌。拝借。

----
しきしまの 大和の国は 言霊の さきはふ国ぞ まさきくありこそ
[歌の意味]:日本の国は言霊が幸いをもたらす国です。
どうか私が言葉で「ご無事でいて下さい」と申し上げることによって、
どうぞ無事でいて下さい。[海路の旅に上る人に餞した歌]
作者:柿本人麿

---

いやータイムリー。

最近、般若心経が方言だったんだと気づく。
マントラが中国をわたって、日本に心地よい音に。
ぎゃーてーぎゃーてー・・・

自然に残る音は、やっぱ意味がある。
言霊です。

ほなら、やっぱり人に語る言葉は、
やさしい方がええなー。
言葉にエネルギーが乗っかってるもの。

大阪弁、毒舌、一見キツイけど、やさしい
エネルギーのせてるか、のせてないか、わかるものなー。
言葉は人を気持ちよくさせるものねー。

「まいど、おおきに、いつもありがとう」

b0069780_12112145.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-10-11 12:13 | life
毒舌説法、きみまろ+ブライアン
久しぶりに父の車に乗った。
おもむろにCDを発見。
b0069780_11244372.gif
----
”綾小路きみまろ”
「爆笑スーパーライブ第2集」
ガンバッテいただきたいの・・・
----

結構前から好きだ。
CDを聞いてみる。

ぷぷぷぷぷ、くくくく。
基本、大阪人、笑いには結構シビアだ。
それも、ぐふふ、笑いが止まらない。

毒舌の中に笑いと、そして、心のひだがある。

「みな、幸せになりたくて生まれてきたのです」
「自分にないものを求めてさまよう人間たち」
「相手のアラばかり探して自分を見ず」

こんなのばっかり言われたら、おいおいー!!
となりますが、その他は毒舌とこきおろし。
それでも心地よいのは、誰もが感じること、
心当たりがあるだからだろうねぇ。

きみまろさん、説法に近いと思ったアタシ。
笑いの中に、真理。

真理を真理らしく言うよりも、笑って後から
じーーんわり、くる、これが好きだ。
やっぱ、これが好きだ。
笑顔は、体を緩ませる。

きみまろさんのような空間をヨーガを一緒にする空間で
目指すところだなぁと思う。
おっと、すでにいたね。米きみまろブライアン。笑

彼の言葉も、毒舌だけど、シンプルで響く。
ここでいっぱい読めるよ。
「ブライアン・ケスト語録」これを和訳してくれているmasayoさん、降りてきてるね~。
通訳の重要性を日々感じる今日この頃。
いつも通訳をしてくれるK嬢にも、感謝。


懐かしい昔の写真を発見。
白馬に住んでいた頃の写真。バカ笑い。
左の長靴がお気に入り。
b0069780_11454194.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-10-02 11:45 | life