カテゴリ:yoga( 179 )
子連れヨガ
子育てネタが続いておりますが、決してヨガをやめたわけではありません。笑

出産した、瞬間から呼吸法です。っていうのは、もちろんなんですが、
本格的に体を動かし始めたのは、1ヶ月くらい経ってから。

初めてアサナをみっちりやった時、「なんと体が重いのだ~」とばびった。
重力をまともに感じたというか。
慣れない赤子を抱いて、全身がキシキシだった。

きっと、息子も初めて寝返りをしたときは、
さぞや、驚きの重力体験やったろう。

ここ十数年、自分のメンテナンスの為に週に一回は
必ずヨガを学びに行っていた。臨月でも。
それが1ヶ月空いただけで、体はここまできしむのかと、ビビった。
恐るべし。

焦った母、生後2ヶ月の息子をチャイルドシートに乗せ、ま
わりに「大丈夫かぁ~。」と言われながらも、ヨガ通い再開。
ヨガマットの横に毛布をひいて寝かしたり、
ボルスターで囲ってすわらせたり、バウンザーに入れたり、
そしてあやしたり、ヨガマットに一緒に転がったり。

まさに、子連れヨガ。

子連れヨガしたいと私がいくら思っても、
その環境を提供してくれる先生と周りの理解ある生徒さんに
恵まれなければ、不可能。
ただただ、感謝です。
本当にありがたい。

なかなか赤子を連れてヨガできる環境ってないものねぇ。

ヨガ友のち~さんが関東で子連れヨガしてる。
がんばって広げていって欲しいものだ。

いつか私も同じ子連れヨガを提供できれば恩返ししたい。

そして、ヨガを先生として動いていたのは9ヶ月、去年の4月まで。
ということは、そろそろ一年になるのだなぁ~。

ぼちぼち再開しようか、んが、子連れヨガ・ティーチャー。
それでも、、、って言ってくれるのは、さすがにないか。笑


ちなみに、また息子ネタだが、ヨガに共に通いだして半年。
上は七十代から多くのレディに囲まれ、愛され、息子は幸せ者です。
産院でもレディに囲まれ、さすがサンスクリットで
アーナンダという名だけあって、やりますな、コヤツ、我が息子。
相当親バカですいません。

b0069780_10315749.jpg

[PR]
by doyoga | 2009-03-10 20:59 | yoga
ハワイ島で会った妊婦のヨガ先生
妊婦なのに最近、渡米したわけではありません。笑
2004年の夏、マウイ島で友人結婚式に参加した後、
一人、これまた友人が住むハワイ島でヨガしたとき。

妊婦ヨガ、マタニティーヨガではなく、先生が妊婦。
ハワイ島のヒロで、一軒のヨガスタジオ[Yoga Centered]に飛び入り。
ローカルのヨガスタジオめぐりは大好物。
そこで偶然やっていたハタヨーガのクラスの先生は、
妊娠8ヶ月だった。

とっても大きなお腹で、テキパキ。
しかも、シルシアサナもしちゃうし、
メディテーションの時の姿が、もう菩薩的で、
「まじですか?!すげーすげー、ええなー、
なんかええなー、これよねー、これこれ。」
って、妙に LIFE is YOGA.を完全に実践している
栗色髪の先生のクラスを堪能し、私もいつか
こうなりたいなー、なんて思ってた。

それを最近自分が妊婦になって思い出す。
思い出した頃、私も妊娠8ヶ月になってた。
はやいのー。ありがたいのー。

出来る限り、ギリギリまでヨガはやりたいと思い、
今も、続けれている。ありがたい。
そして、同じく回数は少ないけど、先生としても
出来る限り、続けたいと思い、8ヶ月。

椅子など補助もいるアサナもあるけれど、
気持ちよくヨガをさせてもらっている。
アサナのインストラクションで伝えることだけでなく、
このデカ腹で、ヨガをすることで、きっと何かがあるよな、
っと思いながら、たまに息が切れるが、ヨガを
教えさせてもらってます。

あんまりデカ腹のヨガインストラクターって、
日本で会ったことないなー、そういえば。
珍しいのかもなー。

珍しいもの見に、来て下さい。笑
いっぱいの人に、お腹を触ってもらって、
お腹の僕チンは、幸せモンです。

今週末、いつもの場所で
ヨガ・ワークショップさせてもらいます。
デカ腹でヨガクラスできるのも、あと数回かなー。

----------
2008年4月26日(土)10:00-11:00
H.I.D OSAKA(アウトドアショップ内)
予約・お問い合わせ:osaka@hid.co.jp
----------

b0069780_1748371.jpg

[PR]
by doyoga | 2008-04-23 17:48 | yoga
The YOGA day-ヨガやるディ- はじまりはじまりー
踊ることも、動的瞑想と本気で思っている。
決まった型で踊るのは苦手。
音にあわせて、感じるままに自由に身体を揺らすのが好き。
旅先で、ローカルを感じるために、市場(マーケット)と
夜のクラブ活動は、欠かさぬようにしている。
その町の昼と夜の顔が一番見える場所。

意外や意外、ペルーでは、4年ほど前は、トランスが
とても人気。そして、急にラテン音楽がかかったりする
ディスコティカ(ディスコのスペイン語かな。)と呼ばれる
夜のクラブが、とても日本にはなくて、びっくりした思い出も。
2人で踊る文化は、日本が一番薄いかもなーと思う。
相手の呼吸を感じて踊るという風習があまりないような気がする。
一人で黙黙と踊るか、みんな同じ踊りをするか、
その特徴が強いなぁと客観的いまいに見て、そう思う。
(あくまでも私の主観)

そんな海外クラブ活動の一環で、目からウロコの
システムにであったのが、韓国ソウル・ホンジック。
なんと!!!毎月末金曜日の夜、ホンジック加盟クラブ
全店共通券約2000円を買えば、どの加盟クラブも
どこもフリーパス!というすこぶる嬉しい夜なのだ!

その名も「the CLUB day」
その夜は、加盟店クラブをハシゴしまくる。
いつもは行けないクラブに顔を出して、
「へーここのクラブ意外にいいやん」
「ここの音、いいね」
「ここ、盛り上がってるね」

と一晩で、色んなクラブをインスペクションできるという
すこぶるユーザに優しい企画で、これがホンジックという
街に新しいクラブ風、文化の風を起こすのに成功している。

すごいあふれる人人!!
b0069780_1918489.jpgb0069780_19182231.jpg

毎月末金曜日の夜「the CLUB day」。に2回ほど参加したが、
ものすごい人、人、人。
海外からの参加者も多い。

ソウルの夜の構図を変えた。
インテーウォンという老舗クラブエリアという定番が
この企画によって、ホンジックが踊り出た。
まさに、踊り出る。笑

このアイデアを、是非日本でも、ヨガ文化活性に
絶対利用したいとフツフツ思い始めたのが、
今年の最初。
日本でも、色んなヨガスタジオが体験できる
一日を作って、共通フリーパスでクラスを受けまくれる!
そんな「The YOGA day」=ヨガやるディを!!
(ベタな大阪弁ですんません、、、)

いろんな人にしゃべりまくった。
いいね!って言ってくれたけど、なかなか具体的に
行動に結びつく波がこなかった。

けど、しゃべりまくった。
夏に波が来た。
UTLの社長、アースディマネーの嵯峨さん、@ヨガさん、
ちゃまさん、クリパルの三浦夫妻、通訳のひとみさん、
あれれれ??というまに、やろう!!おもしろいじゃん!!と
言ってくれる人が集まった。

当人の私が、一番驚き、種をまく時期には
時期がある、ということを肌で感じた。
前に書いた「待つということ」も考え出すキッカケ第一章
だったかもしれないなーと思う今日この頃。

そして、ここにクリパルのマサさん、神南の今井さんが
加わって、有機的自由なThe YOGA dayメンバーが
自然発生に集まった。オモシロイ。

共通点はタダ一つ。
ヨガが好きだ!!

b0069780_19133374.gif
ぽろりーんとロゴも調子乗って創りました。笑

この有機的メンバーが、月1回集まって、
練り練りしてきた、The YOGA day-ヨガやるディ-第一弾、
ボランティアウィークとのコラボ企画が、
ヨガをしながら寄付できるドネーションヨガ」!
詳細は、次回に。

b0069780_1913538.gif
裏ロゴ
[PR]
by doyoga | 2007-11-12 19:18 | yoga
「待つ」ということ
b0069780_9455567.jpg

立ち読みで見つけた本と同じタイトル。
「待つ」ということ (角川選書) 鷲田 清一 (著)

昔から、考えるよりも先に行動がでる。
直結型。

そーやって、人生を切り開いてきた。
そして、よく怪我をした。
ココロもカラダも。

動いていると、何かをしているようで安心なのだ。
やってる感。

小さい時から、「じっとしていなさい!!」と
何度、学校の先生に怒られたか。笑

結構、すぐある程度できてしまう子供だったから、
自分の興味のないものがすぐ理解できると、
ウロウロ教室を動き回る。
隣の同級生にちょっかいをかける。
だから、「特別席」という名の先生の机の
真ん前に1個だけ机を置かれて、そこに
座らされたこともあった。

参観日の前日、それが嫌で母に、参観日に
来なくていいと言った。訳をきかれた。もじもじ。
やっと理由を言えた。「だって、私だけ特別席なんだもん」涙

母は言った。姉も言った。
「ええやん!目立って!特別ってことはすごいことやん!」
本人、ぽっかーーーーーん。そ、そ、そうなん?

1年生から6年生まで通信簿では、
「人の話を聞こう」は、ずーーーーと”がんばろう”だった。
どれも、できた、なのに。これだけずーっと。
母は、あちゃーこれだけねぇ、、、とよく言った。
通知簿にしても、特別席にしても、今なら
病名をつけられているかもしれないくらいだから、
きっと内心は心配だっただろうに。

あまりにも寝ない子供だったし、
突然、吐いて寝込んだりしたし、
大学病院で、脳波の検査をしたくらいだから。
睡眠薬を飲まされた脳波の検査でも寝たのは3分。

それはそれは、心配だったろう。
大人になってわかった。
でも、ずっと待っていてくれた。

そして、今だに、待つことが苦手だけど、
待つことの重要性をとても感じれるようになった。
ヨーガに出会って、座ることを覚えて、
待つことで、時間を味方につけている人と出会って。
やっと学んだ。(遅!お待たせ、母。笑)

パソコンを仕事として使っていると、
インプットすると、すぐにアウトプット。
答えがすぐに帰ってくる。
そのリズムが気づかないうちに、浸透する。

人と待ち合わせをしていて、来なければ電話をする。
待っている間メールする。
「待つ」という味わい空間を他で埋めるクセが
自動的になっていることに気づく。
行動と行動の間にある「待つ」という隙間を埋めるクセ。

「待つ」ということを、味わおう。
「待つ」ということを、楽しもう。

そして、絶妙のタイミングで、行動する。
「待つ」ということも、思考や熟考が伴う「待つ」
それは、行動よりも、とても活動的な行為なんだなぁと気づく。
待つことと行動すること。バランス。

「リズム、バランス、タイミング。」
「時は万象を変える故に 時を友とせよ」

秋の紅葉からも同じことを学ぶ。
時が色を変える。熟成するんやなぁ。
b0069780_9461673.jpg

[PR]
by doyoga | 2007-11-01 09:11 | yoga
四文字の漢字
b0069780_9281574.jpg


あっちゃー。すげー。
親友の子供(5歳)に突然渡される。
「はい、なべちゃん。」

四文字の漢字。が書かれた紙。

「自」
「天」
「回」
「中」

どきっとした。
心を見透かされていた感。
知っている限りの漢字の中から
あえてのこの四文字。

もらった途端、背中を床に擦りつけて、
ゴロゴロしてしまった。うぐーー。

チューンしてくれてありがとう。

「自ら天を回り中道を行く?」
「自らを天に回し中?」笑
「天を回し、自らを中する?」
「回りながら天を観る、自からの中には、、、?」by 5歳の母

うわー。
こりゃー当分のテーマになりそうですわ。
ありがとうございます。
[PR]
by doyoga | 2007-10-30 09:28 | yoga
インド インド! インド!! ロータン峠写真編
ロータン峠での泣き虫旅日記は、こちらで。

標高3800m付近で、とうもろこしをほうばり、おおはしゃぎのインド人。すごいよ、すごい、あなた達。
b0069780_9295733.jpg


山の途中にて。出会う峠男。スーツなんがカッコイイ。
b0069780_9312525.jpg


山男は文句なしにカッコイイ。ありがとう。また会いましょう。
b0069780_932334.jpg

b0069780_9323857.jpg


峠到着。まだまだ上がある。
b0069780_933475.jpg


ここにこれて本当に良かった。
b0069780_9334769.jpg


山男達と一緒にチャパティ作り。出逢いたくて、また旅にでるんだなー。
b0069780_934582.jpg

[PR]
by doyoga | 2007-10-29 09:35 | yoga
インド インド!インド!!マナリ写真編
チャンティガール旅日記は、こちらで。

マナリ到着。なんだか懐かしい街。

夜に到着。翌日は、晴天。
b0069780_8312593.jpg


マナリのアシュラムで迎えてくれた花。ホッと。
b0069780_8331415.jpg


アグニホトラの場。
b0069780_8334941.jpg


ありがとう。リーダーズ本当に感謝です。。
惜しげもなく智慧をシェアしてくださり、ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
b0069780_8341827.jpg


これからも、どうぞよろしくお願いします。
b0069780_8351319.jpg


アシュラムに向かう坂道でいつも会う犬。
b0069780_8361213.jpg


現地の子供。いぶかしげな顔。あたし、怪しい?笑
b0069780_8363719.jpg

[PR]
by doyoga | 2007-10-23 08:37 | yoga
インド インド! インド!! チャンティガール写真編
チャンティガール旅日記は、こちらで。

一変して、チャンティガール・高級ホテル。
マウント・ヴューホテル。
バックパッカーの私としては、これは、ある意味、勉強勉強。
b0069780_911862.jpg


食べやすいインド料理。
b0069780_924188.jpg


マナリに向かってバスの旅。OMマークをあしらうド・派手バス。
好きな神様をトップに飾る。おれは、ガネーシャさ!
いや、俺は、サラスバティや!いやいや、ドゥルガーや!
ちゅー声が聞こえてきそう。笑
すばらしい色彩感覚。UnFashionな色使いがとても好き、どの民族でも。
b0069780_931271.jpg


山々をくねくね。落ち着くこの風景。
b0069780_943517.jpg


途中の街で、看板に見とれたり、
b0069780_945986.jpg


幅ギリギリの道を抜ける。民衆の横顔。
b0069780_952671.jpg


パンクのトラブルあり。到着は、すっかり夜。
b0069780_961947.jpg

[PR]
by doyoga | 2007-10-22 09:06 | yoga
【4/22更新】イレギュラーですが、ここでyogaしてます、代行受付まっす。
b0069780_17451336.gif
<順次決まり次第、追加していってます。>
頻度の高い定期yogaは少ないのですが、呼ばれるままにyogaしています。
タイミングがあれば、どーぞ。
ただいま妊婦ですが、腹デカ講師でも、少ない箇所だけで続けてます。

最近、代行をしました。とても勉強になりました。なので、今後は、ほかの先生の代行も可能な限り、受けたいなぁと思っています。お休みが必要なヨガの先生、お気軽に連絡を。
yoko_kurahashi(at)hotmail.com
※(at)を@に変えてご連絡ください。

定期的にしてるクラス

■基本的に第1土曜日:10:00-11:00(オーバーすること多し)
次回は、イレギュラーで、4月26日(土)でっす。

スケジュール等は、こちらで確認できます。
do_yoga 恒例のH.I.D OSAKA(地下鉄心斎橋駅・本町駅徒歩5分)
ご予約・お問い合わせ: osaka@hid.co.jp
[PR]
by doyoga | 2007-10-20 09:04 | yoga
インド インド! インド!! リシケシ写真編
旅日記は、こちらで。

大阪は秋の長雨。
雨でむせた緑の匂いが好き。
ええ季節やなぁ。

そんな時期に季節外れのインド写真。笑

ガンジス川。思ったよりもキレイ。
b0069780_7251849.jpg


ガンジスのすぐそばの部屋に。
庭に洗濯物を干していたら、1時間で乾く。
風があるから、暑さは苦にならず。
b0069780_7254189.jpg


宿のまかないメシ便乗。
b0069780_7271546.jpg


規則正しくベル。
b0069780_727456.jpg


大師のなきがらの元で。
b0069780_7281313.jpg


カラフルネティポット。
b0069780_7285395.jpg


フランス&ドイツ。マンゴーに歌に、よく遊んだ仲間。
b0069780_7293327.jpg


ありがとう。
b0069780_7304344.jpg


左コックさんがもっともヨギーだった。
b0069780_731091.jpg


リシケシからチャンティガールの移動途中にて。生ガネーシャ。
b0069780_7313547.jpg


移動途中の田舎交差点にて。一番うまかったチャイ。
b0069780_7323479.jpg


b0069780_73376.jpg

[PR]
by doyoga | 2007-10-19 07:36 | yoga