カテゴリ:未分類( 81 )
朝が変わった
早朝、二階のフロアでヨガ。

いろんな種類の鳥の声。
藍の空。
寒くない床。
数年前、バリでの@yogaさんんちでヨガした朝とかぶった。

朝が変わった。
もう初夏の足音。
[PR]
by doyoga | 2011-05-01 05:34
頼むね、オモチャたち。
b0069780_21404099.jpg

宮城が実家のお友達経由で被災地に子供たちのオモチャを送りました。
クロネコヤマト宅急便で荷物が送れることに復旧が感じれる。

ママ友達にも協力してもらい集まったオモチャたち。

頼むね、オモチャたち。
笑いは心のインフラ。

道をつけてくれたSほさん、ありがとう。
[PR]
by doyoga | 2011-04-25 21:40
ズバリ、お金
救援物資を送りたいという声も聞こえるけど、私は、今の時点は、お金で支援したい。

お金は救援物資を被災地要望ピンポイントで買える。

仮設住宅の窓ひとつ位は買える。

だから、お金。

東北旅を一週間する予算位は最低でもする。
あとは身近な人が避難してきたとき、我が家に受け入れる。

被災地が安定してきて、被災者の方の緊張が途切れたとき、
精神的にも肉体的にも、ドッと疲れや心身に亀裂がくる。
また違ったストレスも起きるかと。

そのときは、ヨーガの出番やと思う。

そして、いつまでも忘れず、祈る気持ちを送りつづける。
[PR]
by doyoga | 2011-03-13 20:36
旧正月!節分星祭
b0069780_6325241.jpg

地元の寺、観心寺に節分豆をもらいに。

「ごはんカフェ三郎」から息子のチャリと一緒にお寺まで歩く。

季節の節目にふさわしいほどのポカポカ陽気。
体感的に空気的に、やっぱり旧正月のが1月1日よりも節目と感じる。
リズムが春。
しっくりくる。

寺では、働くおじさんに「何してるのぉ?」
「また来たよ〜」
と話しかけていく息子のおかげで、
一人ならすれちがうだけで終わってしまうかもしれない人達と、
会話や交流ができることが嬉しい。

ありがとう、私以上の切り込み隊長、我が息子。

子供といてると、
「毎日を丁寧に生きる」
ことの大切さを思い出させてくれる。

日々の効率に目を奪われて、「お〜い!早く行くよ!」なんて、
いき急ぎ、見落としていることのなんと多いこと。

そんな母の習性に似た息子は、時々せっかちモードに入ってしまう。

う〜ん、子育ては鏡だ。
気をつけよう。
[PR]
by doyoga | 2011-02-06 06:32
北海道は二度おいしい
b0069780_15125345.jpg

息子と北海道へ二人旅。
元バックパッカーの母は、バックパック形ベビーキャリーを友に借り、いざ。

ベビーキャリーを気に入った息子は、終始ノリノリ。

ニセコに移住している友とその家族に会いに3年ぶりの北海道。

北海道、着くなり周りは海外客だらけ。
オーストラリア、中国、韓国、シンガポールなどなど。

滞在先のニセコでは日本人観光客は1〜2割と言っても過言ではないかも。

自分の知らない言葉を話す人は息子にとって、「今の英語?」と全て英語と思っていたらしく、世界にはたくさんの人がいるんだよ、ということを、肌で感じれたことは、今回息子に取っても、ものすごく貴重な経験。

北海道、国内旅行と海外旅行を一度で二度味わえ、お得です。

バス→飛行機→バス、電車→飛行機→バス→電車、
という過酷な往復も乗り越えた息子、ちょっと一回り大きくなった気がします。

大雪に唖然としていた息子も、雪かきまでできるほどに成長。
滞在先の子供達ありがとうね。

現場後半ではノロ連鎖にはまり、下痢母、ゲロ息子のコンビでしたが、これもまたよき旅のおもひで。

母だけの二人旅は、やっぱり荷物など色々大変な事もあったけど、行ってよかった!

そして反面。
あぁ、我が家っていいなぁ、と実感する。
やはり旅は日常のリセット。

ニセコの親戚並家族友に、大変お世話になり、縁は手間と汗をかいてつなぐものだと、思いださせてくれました。

ありがとう。
またお邪魔します。

旅の味をしめた息子。
ゲロしたあとに「今日はどこいく?」と聞く。
すまんのぉ。

さて、次はドコに行こうかのぉ。
[PR]
by doyoga | 2010-12-23 15:12
だんじり→風邪→ソトヨガ
b0069780_2128836.jpg

たくさん書きたいことあるのに、なかなかゆっくり書けず。

書いた文も消え、ショック。

とにかく息子は、日本の祭り、特にだんじりにトランス。
毎日だんじりゴッコ。イスもだんじりに。
積み木でつくるのもだんじり。

雨でもだんじりに行き、夜まで曳いて、ついでに親子で風邪。

治りかけに、ソトヨガして、美味しい食事頂いて、まただんじり曳いて、笑って、寝まくったら完全復活!

今は、来月の引越しに向けて片付けの毎日。
ガラクタ減ったら、気も軽くなる、これ本当だ。
[PR]
by doyoga | 2010-10-25 21:28
龍笛づくしの秋はじめ
b0069780_22285929.jpg

母に聞かれました。
「ヨガと龍笛と、どっちかしか学びに行けないとしたら、どっち選ぶ?」

即答。
「龍笛。でも、なくてはならないのは、ヨガ。」

ヨガは今まですでに学びきれてない書籍もある。
あとは、アサナもプラナヤーマも実行のみ。
もちろん、一ヶ月にせめて一回はできるなら、
学びに行きたいが。

もっというなら両方、週一。笑

龍笛は口伝だし、合奏でしか得れない学びがある。

そんな意識に反応したか、今年の秋は龍笛づくし。

まずは、敬老の日に、ケアハウスのお年寄の前で、龍笛単独演奏。
紹介してくれたASKちゃん、ありがとう。

80才位の方から、
「初めて生で聞きました」と言われ、
こちらがビックリ。

まだまだ暑い秋はじめは、狩衣の衣装の下は、汗だく。
気持よかった〜。

11月の法要、神事での合奏を呼んでいただいたおかげで、何度かの練習合奏できて、いっぱい学ぶ〜。

本番は、もうすぐ。

遠くで聞こえる、だんじりのお囃しに引き寄せられ、
毎回だんじり演奏練習見学。
もちろん、息子が希望。常連です。

ついつい、笛をみてしまいます。

右方と左方で、笛を構える位置が違うのが新鮮。

音をひろって、高麗笛でコピーしてみる。

息子、おお喜び。
うちわを持って大工方まねっこ。

親子競演。
幸せだす。
[PR]
by doyoga | 2010-09-30 22:28
彼岸花
b0069780_1692863.jpg

夏から一気に秋。
彼岸花は【彼岸】の花だから、もう咲いていて当然なんだけど、見つけて妙にビックリした。

たわわな稲穂もきれいやなぁ〜。

秋は気持ちいいなぁ。
風がなんとも心地よい。

さぁ、もうすぐ地元のだんじりだ。
おはやしの練習をする音が、風にのって聞こえてくる。

DNAにしみるぅ〜。
[PR]
by doyoga | 2010-09-27 16:09
壊れた南米パソコン
b0069780_21545037.jpg

ついに、パソコンが壊れた。
長年連れ添って、アップデートしながら使っていたが、ついにチーン。

このノートブックは、SONYのバイオ。

南米の旅をともに連れだってもタフに一度も壊れなかったスグレモノ。

SONYのソニースタイル企画でスポンサー頂いた。
ありがたかった。
素晴らしい出来事だった。

当時では、超高スペックのパソコンだったが…。
時代は流れるのね〜。

義理立てて、その後に買った持ち運び重視のパソコンもバイオだった。

次はどうするか…。
悩み中。
[PR]
by doyoga | 2010-09-10 21:54
なぜ子育てを選んだか?
b0069780_15394.jpg

最近よく言われる言葉。

「なべちゃん(私の愛称)が、子育てに専念するとは思わなかった。すぐバリバリ働くと思ってたよ。」

私の子育て専念は意外やったようです。笑

臨月ギリギリまで働いていたし、産まれてからも生後三ヶ月で横浜出張したりしていたので、初めは子育て半分、仕事半分かなぁ〜と薄ぼんやりと思っていました。

けれど、寝てるのが大半だった赤ちゃんが、だんだん起きる時間が増えてきて、どんどん進化していく息子を見ていて、「いや〜こりゃ〜未知の世界だわ。」と思うと、【仕事で得る知恵〈 子育てで得る知恵】の構図ができていて、こりゃちょっとシフトの時期だなぁと。

思いきって未知の世界に、どっぷりはまってみました。

はまれる環境を周りに作ってもらっているから、できたこと。本当にありがたいです。
色々わがままもいいました。すいません。
ありがとうございます。

でも、その間も、ヨガと龍笛は、地道に続けているので、やっぱり好きなんだなぁと再確認です。

そんな子育て専念も気づけば2年弱。

だんだん自我が強くなる一人前気分の息子を見て、
今までよりちょっと違う子育て時期に入ったことに気づく。

今まで以上に、母の背中を見る時期だなぁと。

こんな仕事をしてね、こんな友達がいてね、
こんな大切な人がいてね。
人生色々あるけど、めっちゃ楽しいよ!スリリングだよ!

言葉がよりわかってくる時期だからこそ、言葉でない大切なことも背中で伝える。

難しいです。
まるまんま、まっすぐ見られるから、ごまかしききません。

ええ修行です。笑
[PR]
by doyoga | 2010-08-30 15:03