アジアヨガカンファレンス終了
4日間続いたアジアヨガカンファレンスが終了。
コンセプトが「Revolution」、文字通り最初のRevolまでが
ヒンドゥー書体で、残りのutionからはブロック書体。
うまく表現しているなぁと感心してしまった。笑

今なお、伝統的なヨガからの流れを受け継いで、現代でも
進化し続けるヨガ。それぞれ時代に、その時代の人間にとって必要な形で
現れてくるのだなぁと、今さらながら、ゾクッとした。

賛否両論があると思うけど、アジアヨガカンファレンスでは、
ヨガの様々な流派があること、さまざまなアプローチがあることを、
インフォーメーションしていくという点では、とても有意義な
イベントになったんじゃないかと私は思う。
様々な流派が互いに対して、意見を持っていること、
そんな小さなことを笑うかのように時空を超えて、ヨガは続く。
それをギルタンにあわせながら、自然と左目から涙が出たことで
私の身体も魂も、知ってるんだなぁと気づく。
(あは、涙でてもうた。笑)

香港ヨギニ、ヨギーニらしく面々もいるけれど、ところどころで
聞こえてくる日本語、そして圧倒的な英語を話す人々。
”アジア”ヨガカンファレンスといいながら、アジア系は、
見たところによると、3-4割。

@yogaさんの彼女、ビアッテのようにアジアに在住している
欧米系の皆さんが多かったように見える。
そう、ビアッテさんとも再会した。トランスダンスヨガの入り口にて。
「これが一番楽しみだった」って私がいうと、「同じく」とのこと。笑

何クラスか受講して、私自身の今の気づきを
ここにとどめておこうっと。
意味はわからんと思いますが、ご愛嬌。
私のメモとして。

「すべてはつながっている」
「山登りの道のりを変えることなく歩む」
「ただただ歩む」
「すでにすべて知っている」

おっと、もっとアジアカンファレンスのこと、書きたかったのだけど、
そろそろインド「デリー」行きの飛行機が飛び立つ時間。

人間の巣窟、インドへ旅立ちまーす。
[PR]
by doyoga | 2007-06-05 00:15 | yoga
<< インド到着 前の旅ブログを書かぬ間に、次の... >>