石垣島地元の人にヨーガ:旅先の日常
無事、ヨガリトリートも終え、大自然の中でヨガをする
幸せをかみしめた日々でした。
自分自身が自然の一部である実感。
我、そく、宇宙なり。大自然の大きさに自分の小ささを
感じると同時に、自分もこの大自然の一部である
尊い存在であることを実感。
マクロ&ミクロ。

今回は移住組の人はもちろん、島育ちのうみんちゅーとも
地元活性化のことについて熱く語り合う夜も過ごせ、
充実した旅でした。
「人生は一度しかない」会う人全員が同じ事を言う
興味深い旅でもありました。

昔の私なら、「きゃー石垣好き!移住しちゃおう!」と
軽々移住を考えていたかもしれないなぁ。
でも、毎日の日常生活がより愛おしいと思うようになった今、
石垣島での日常をシュミレーションする大人になった私です。笑

昔は、自分の枠をとっぱらうことに忙しかったけど、
今は、ありのままの自分が大好きなので、どこにいても
どこで生活しても、生きていることそのものが「ただただ幸せだなぁ」と
思えるようになったことは、私にとって自分で言うのは
なんやけど、すごい進歩なのです。笑

私にとって旅先、それは、旅先の人にとっての日常。
その日常を感じることに喜びを感じます。

ヨガリトリートの後半、今回のリトリートの主催者であった
柳生直子先生は、地元の人たちにヨガを教える時間も
設けてくれていました。それはそれはステキなことです。
一枚の毛布やバスタオルがあればできるヨーガ。
なくてもできる。毎日がヨーガ。
ええなぁ。やってきて良かった。心から思います。

さてさて、次回は地元の人と旅人とのヨガセッションでも
しますかねー。ひとり夢はふくらみます。空想癖発症中。笑

b0069780_1738391.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-10-31 17:38 | yoga
<< 【思い出長文付】アースリートフ... 石垣島上陸:アイアンガーリトリート >>