マントラ・般若心経・言霊
後輩のasukaちゃんのマイミクさんが、
ミクシーで書き留めていた歌。拝借。

----
しきしまの 大和の国は 言霊の さきはふ国ぞ まさきくありこそ
[歌の意味]:日本の国は言霊が幸いをもたらす国です。
どうか私が言葉で「ご無事でいて下さい」と申し上げることによって、
どうぞ無事でいて下さい。[海路の旅に上る人に餞した歌]
作者:柿本人麿

---

いやータイムリー。

最近、般若心経が方言だったんだと気づく。
マントラが中国をわたって、日本に心地よい音に。
ぎゃーてーぎゃーてー・・・

自然に残る音は、やっぱ意味がある。
言霊です。

ほなら、やっぱり人に語る言葉は、
やさしい方がええなー。
言葉にエネルギーが乗っかってるもの。

大阪弁、毒舌、一見キツイけど、やさしい
エネルギーのせてるか、のせてないか、わかるものなー。
言葉は人を気持ちよくさせるものねー。

「まいど、おおきに、いつもありがとう」

b0069780_12112145.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-10-11 12:13 | life
<< 関西人による「十五夜の宴」でまったり どこでヨガしてますか? >>