よし!京都へいこう!五月満月祭→吉田山荘
今月は京都月間だ。笑
アイアンガーの合宿も京都で先週。妙心寺にて最高の時間。

そして、今週の日曜日には、吉田山荘で軽食付きのヨガ
ワークショップで教えることになっている。
まだ迷っている方は、どーぞ来てください。

私も一緒に食事しますので、色々お話できること、
楽しみにしております。
ヨガを教える立場で皆さんとお会いしますが、
皆さんと話している中で、いっつも気づきをもらっているのは、
私自身で、ありがたし、ありがたし。
今回もどのような方々に出会えるかな?ワクワク。

日曜日の吉田山荘のヨガに備えて、前日晩には、
自分の体も心も鋭敏になるのではなかろうか?という、
すっごく楽しみにしている行事がある。

このブログでもよくコメントしてくれる明日香ちゃん(京女)に
教えてもらった五月満月祭(ウエサクサイ)だ。
これに行こうと思う。呼ばれてるって、思った。

夜の19時から深夜の3時まで、夜な夜な行われる祭。
毎年5月の満月の日に行われる。
くぅぅぅぅーーー怪しいでしょう。爆笑

アジア各地(チベット、タイ、ミャンマー、スリランカなど)など
世界で行われる祭で、一年間で最もパワーのある
5月の満月の夜に行われる。
確かに、今街を歩くと、生命の息吹が眩しすぎて、
目がくおぉぉぉぉとなる。月もそうなんやろね。

さてさて、その五月満月祭。
京都の鞍馬山で行われる。
この鞍馬山、かなりフリースタイルのお寺で私好み。

偶然にも今日、机を片付けていたら、鞍馬山の
パンフレットが出てきたので、おお、そういうことか、
と思って、ブログで行く前に書くことにした。

(鞍馬山の説明)web&パンフレットより一部抜粋------

■鞍馬山の風景
鞍馬山の気は、清く美しく活力に満ちています。
山が生きているからです。山の自然、動物、植物、鉱物等が、
みな生きて呼吸をしているからなのです。 吐いて、吸って・・・・・・
植物は光合成を行って酸素を出します。
虫や鳥や動物たちも呼吸しています。
すべての生命の営みが山の気になっているのです。
だから鞍馬山は「元気」なのです。
さあ、宇宙の大きな力を想いつつ呼吸を調えましょう。
そして、大きく深呼吸しましょう。
私たち自身のいのちが宇宙の大生命と直結して、
宇宙の大生命の気が私たちの中に流れ入って来ます。
私たちも「元気」になるのです。
人工的なものに囲まれて暮らさざるを得ない現代人にとって、
鞍馬山は心身甦りのための道場です。
さあ、ちょっと立ち止まって・・・・・・大きく深呼吸して・・・・・・。

■鞍馬山について
鞍馬山は、毎日明るく楽しく元気よく積極的に生き抜くための
活力を、本尊である尊天からいただくための道場である。
・・・尊天とは、宇宙生命、宇宙エネルギーである。

宗派にこだわらない鞍馬山だから寺の教えを
押し付けはしない。坐禅、念仏、祝詞、ヨガ・・・
各人の機根に王子、それぞれの信ずる方法で自由に
一人でも多くの人が真実にめざめ力強く生きてくださればそれでよい。
縁あって鞍馬山を訪れた方々が、すがすがしく心洗われる
ひとときを過ごされるようねがっている。

■五月満月祭に祈る心

五月満月の宵に、山内の僧侶がつどい、満月に灯を捧げ清水を供えて、
宇宙の大霊より大いなるお力をいただき、自己の魂のめざめを祈る
儀式が鞍馬山で古くからひそやかに続けられてきた。
この儀式が、ヒマラヤ山中やインドで五月満月の夜に行われている
ウエサク祭と相通ずるものであること、また東南アジアの仏教諸国に
おいても釈尊の生誕と成道と涅槃を同時に祝うウエサク祭が
行われていることから、鞍馬山でも広く信徒に呼びかけ、
多くの人々が共に祈りを捧げることとなった。昭和二十九年のことである。
五月の満月に天界からふりそそがれるエネルギーはプラスも
マイナスも常にも増大して大きく増幅させると言われる。
それ故に五月満月の宵は、非行悪言を慎み真実誠心をもって
世に尽くす心を専らに、愛と光と力の尊天のみ心に近づくように努めねばならない。
地上が暗雲に覆われていても雲の上には常に太陽が輝いているように、
欲望にとらわれがちな人間も、心の奥にはいつも尊天が輝いている。
この内なる尊天こそ本当の自分である。
ひとりひとりが我欲の衣を脱ぎ捨て尊天に近づくよう努力精進する時、
心身は大光明に満たされ、安らぎと歓びに全身全霊が甦り、地上に夜明けがくる。
五月満月祭は、ひとりひとりが本当の自分とめぐり合う時である。

■五月満月祭に来られない、その夜家におられる方々も  

清浄な器に水をみたして月輪に捧げ、鞍馬山にて祭典の
おこなわれている時間に瞑目合掌して心を静め、
尊天を念じて、自分自身のめざめと、生きとし生けるもの
すべての魂の平安と共生のために真剣な祈りを捧げていただきたい。

-------------
ってなものです。かなりバックっとですが。
過去の五月満月祭に行った方の詳しい内容が
こちらに書かれているので、興味のある方は、どうぞ。

会える人には会えるはず。
私は19時の第一部から行っていると思います。
ご縁のある方は、是非現地でお会いしましょう。
髪を切りましたが、小さなお団子頭が目印です。笑

ナマステ

b0069780_1825234.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-05-10 18:18 | yoga
<< 満月祭で出会った人、濃厚の週末 音信不通ですんません、budo... >>