budokon奨学金制度つくったよ!
やりたいぞ!宣言から、はい!
まずはやってみよう!で、budokon奨学金制度創りました!

MANAさんやさなみさん、takusukilaさんからの励ましも受け、
日本ではまだまだ少ない奨学金制度やります!

全員という訳にはいかないですが、
budokonへの思い>パーソナリティ>技術
という重要度で、選考したいと思っています。

選考に漏れた人も、次回のチャンスもあるので、
是非、キャメロンが来ているうちに、TTCレベル1は
クリアして欲しい!頻繁にキャメロン来れないしね。

「思いを成し遂げるために、障害があるなら、
何とかそれを乗り越えようとするその行為が、結果知恵になる。」

と私は思っているので、それの少しのお役に立てれれば。
その思い、届くと嬉しいなぁ。
おっととと・・・執着せずに、やることやったし、後はお任せお任せ。。。


2006年度、budokonジャパン奨学金制度について
【budokon奨学金制度とは】
経済的理由から、先生になるためのTTCを受けることのできない人へも
チャンスを与える、日本では数少ない制度を取り入れます。
現時点、TTCをすべて受け、ベルト(赤)を取得し、先生になることを
条件として、トータルTTC費用半額分budokonジャパンが負担します。
ジャパンが負担した金額分、イントロダクトリー先生になった時点から、
奨学生は、労働によって補います。
奨学金で負担した金額を途中ですべて支払うことも可能です。

【選考基準】
1.小論文(budokon先生になりたい理由。なぜ、奨学金制度を受けたいかの思い)
1200文字以上(原稿用紙でも、ワード等のデータでも形式は問いません。)

2.選考会の参加
・開催日
4/4(火):PM1:30~3:00、
4/8(土):PM1:30~3:00、PM4:00~5:30

場所は、いずれもLOTUS8(東日本橋)にて一般のクラス受講(3000円)を
していただき、そのクラスの中での取り組み方を見させていただきます。
(持ち物)動きやすい服、ヨガマット、上記小論文と申請書(誓約書付)、
ロータス8に支払うクラス費、下記「何を貢献できるか」リスト

※選考会に参加できない方
DVD[budokon for beginner]をご参考いただき、その中から
5ポーズを続けて行っている映像を録画し、送付ください。(4月10日午前必着)

3.「何を貢献できるか?」申告リスト(Study Workリスト)

4.誓約書への署名

【選考結果告知】
・書類は、すべて選考会にて提出(ビデオの人は、ビデオとともに送付)
・結果は、全員にメールにて連絡(4月12日までに)


お問い合わせ:
詳しい資料、申請用紙等は、下記までお問い合わせください。
budokon(at)show-ten.co.jp
(at)を@に変えてお送りください。

b0069780_12454387.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-03-30 12:47 | yoga
<< バックカントリー、MTB、ヨガ... budokon創始者キャメロン... >>