法螺貝とヨーガは、仲良し!
このタイトル、「はぁ?!」と思いはる方もいると思うけど、
チチチチチチッ。すげーーー仲良しなのです。

って偉そうに言っているけど、私もこの二つが
ものすごく密接な関係にあると、最近知りました。笑

なんで縁があるもの同士かというと・・・。

インドの神話の中に出てくるヒンドゥー教の最高神の一つ。ヴィシュヌ。
(ブラーマ、シヴァと三位一体をなす)
姿を変えて、化身して、この世に10回現れるといわれてる。
そして、なんと!彼の四本の手には”法螺貝”、円盤(チャクラ)、
矛、蓮の花を持っている。おぉぉぉ!!!
※追加情報:こんなにいっぱいの神々が法螺貝を持っております。

ほーら、特にヒマラヤ、ヨーガ哲学と密接に関係があります。
興味のある方は、ご自分で色々調べてみてください。
そして、私にも教えてください。笑

さてさて先日、YOGA Life、Rinさんのダンナさんと、
アーバン山伏のMさんに誘われるがまま、
他、総勢18名?!と奥多摩で法螺貝を吹きながら、山を登るっていう
体験を生まれて初めてしました。そう、修験道です。
その入り口を覗かせていただきました。

いつも山といえば、ほとんどが、スノーボードを背負って、スノーシューで
雪山、なので、登山的には、あまりしんどさを感じないのですが、
初めて吹く法螺貝をスコスコ吹きながら、登ると、なかなか手ごわい。
でも、呼吸とその法螺貝の音に、一気に集中モード。
これがまた気持ちエエんです。

森の声、風、あの空気感に触れる山におれるだけでも、
幸せなのに、法螺貝のヴァイブレーションに抱かれて、
私の体も一緒にヴァイブレーション→スパーク。笑

もっと、詳しく書きたいけど、これは、私の体験で、
私の感じたもろもろのことで、書けば書くほど、
うまくいえなくて。。。文章で誤解を生んでもあれだし。
ま、すべてはひとつであり、答えは自分の中にあるって
それを思いっきり活かしたいって。ま、そーいうことです。笑
やっぱり私はカルマ・ヨーガのようです。笑

私の何かがシフトした時間でした。
この機会を与えてくれた人々に本当に感謝。

山伏さんとして、本気で修行をされている方も多く、
私みたいな場違いの大阪ヨギーニを受け入れてくださり、
その懐の大きさに、改めて、感謝。御礼申し上げます。
尊敬しております。ありがとうございます。

今度は、法螺貝の故郷、海でも聞いてみたいな~。

※写真は、あまりにも熱中して、撮るのをすっかり忘れておりました。笑
ので、別の時に撮った山にある鍾乳洞の写真をお届けっ。
b0069780_150050.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-03-29 01:41 | yoga
<< budokon創始者キャメロン... 白馬でヨガの先生しませんか? >>