yogaの先生免許とbudokonの先生免許
お友達からのメール。
今海外で、yogaアライアンスのTTCを受けているそうな。

満足いく内容でないらしい、彼女曰く。

最近、色んなヨガのインストラクター免許制度があり、
なんだか数日で、お金を払えば、免許がもらえるっていう
ものもあるみたいで、ちょっと不安。

短い期間の付け焼刃で、後から大変なのは、
その先生自体なんだけど、生徒さんにとったら、
貴重な時間。ちょっと不安です。

budokonは、ヨガの先生の免許とは違って、
試験もあり、そこそこの値段もするし、敷居は、高いかも。
でも、動きだけでなく、心や、食を語る先生なので、
パーソナルトレーナーとしての要素が高く、
取得にも時間と費用がかかります。

時間は、速く取ろうと遅かろうと、その先生のやる気次第
なんですが、費用、こればっかりは、ない袖は振れない。
でも、お金だけ払えば、免許は取れるとは、ちょっと違うし、
何とか、そのハードルを越えれるやり方は、ないいだろうか。。。
「budokon先生に絶対なりたい!」という心意気が
あるならば、お金のハードルもなんとか、できるはずですが、
私たちスタッフも考ええることあるだろうと。

ずーーーーっと考えていました。

で、ある日、スタッフの一人が、こんなアイデアを!

「学業でもあるように、奨学金制度はどう??」

にゃぬ!!その方法があったか!!!
私、大喜び。
さすが、budokonスタッフやるーー!!
感動。

そうだ、この手がありました。
実際の実施には、考えないといけないことが、
山積みだけど、これって、すごくいいんじゃない?
どうですかね?

いちTTCに対して、人数制限はあるだろうけど、
今までなかったんじゃないかと思うんですよ。

詳細は、これから皆と相談して、まずは、
「やりたいぞ!」宣言。

わくわく。
b0069780_1643360.jpg

[PR]
by doyoga | 2006-03-15 16:45 | yoga
<< 大相撲大阪三月場所 budokonネタ >>