SBX:スノーボードクロスは面白い!
b0069780_23461152.jpg
珍しく、予告どおり。
今日のテーマは、「SBX:スノーボードクロス」

さすが、オリンピック前とあって、凡鳥日記さんのブログなどでも
いっぱい紹介されている。盛り上がってきてますね~。

何年か前、スノーボードの競技に一生懸命だったころ、
私の主な種目は、「スノーボードクロス」。
何だか自分じゃない人の話をしているみたい。笑
今はすっかり自然の山、滑ることしかしてないもんで。

競技というと誤解されるかもしれないけど、
「人と争う」というより「自分の心との戦い」だと思う。
特に、このスノーボードクロスは。

スノーボードクロスは、4人~6人の複数の選手が
「ヨーイドン!(Riders ready! Attention!)」という声とともに、
ゲートオープン!スタートからゴールまでの間に決められたコースを
障害物を乗り越えて、その順位を競うもの。
障害物には、バンクカーブ、テーブルトップ(ジャンプ台)、ウェーブ
スパイン、などなどが設置されてます。
ようは、スピードですが、テクニックや経験、そして頭脳も要求され、
総合的な能力が結構必要。

ハーフパイプもいいですが、スタートしてから抜きつぬかれつ、
誰が優勝するかわからない、見ている人も楽しく、
そして、誰に”採点”されるともなく、「一等賞!」が決まるというシンプルさ。
しかも、うまい人も負けることもあり、番狂わせが多いものも魅力のひとつ。

私はこのシンプルさと面白さで、スノーボードクロスをやってました。
今でも、大会はでてないですけど、山を上から下まで滑るのも、
まっすぐ圧雪された平らなところを滑るだけでなく、
壁や木や、みぞっこや、などを滑るのが大好きです。
山を感じて滑れるから。笑

さてさて、もとい、そのスノーボードクロスが、
今回のトリノオリンピック正式種目に。
先週のナイナイサイズでも矢部さんがチャレンジしてたよね。
先生役の東さんも競技仲間。笑
※ウェブでメッチャ詳しく説明してあった。

そして、なんと、その代表選手には、藤森由香ちゃん
あぁぁ懐かしいいい!!!
彼女とは、Hakuba47のスノーボードクロスの
大会で、よく1,2!となることが多かったです。
草分け的存在の大会で、とても面白かった。
その大会での上位選手は、皆プロになってる登竜門みたいな大会。

当時、彼女は、中学生。スーパー中学生だった。笑
いつもお父さんと、お友達の若菜ちゃんと一緒。
とにかく彼女は、中学生から速かった。
「ひょーーーー」っと、しらーーーっと、あっという間に
差をつけられて、私はいつも背中を追っていたものです。笑
とにかく当時から、本人も周りも「オリンピックにでるから」と
言っていたのが印象的です。
だからこそ、とっても嬉しい!!
由香ちゃんがんばれ~!!

スノーボードクロスの競技選手はみんな、とっても仲が良くって、
まだまだ日の目を浴びないスノーボードクロスの種目が大好きな面々ばかりでした。

リレー式スノーボードクロスの大会なんかもあって、
女性1名を含む4人チームでリレーしたり。
その大会に女性オンリーのチームをつくって、頭には
風船をつけて、遊んだことも懐かしい。
自分達で大会を作る、盛り上げる、という意識があったので、
今回、スノーボードクロスがオリンピック種目となって、
ずっと競技を続けてきた選手にとっても、元選手にとっても
嬉しい限りなのです。

確かに私はこの競技で、ろく軟骨骨折2回してます。
怪我と背中合わせです。
だからこそ、とってもメンタル面が影響を受ける競技だし
そんな点も面白かったのかも。
ま、この競技以外でスノーボードしているときに、
手の骨折1回、手首の粉砕骨折と脱臼をしているので、
意外に競技中は集中できてるんかも。
びびりの私が、よくやっていたよなぁと思います。

カナダで手首の粉砕骨折をしてから、もう競技はしてませんが、
今でもスノーボードクロスを見ると、胸が熱くなります。
恥ずかしながら、涙が出るときも。笑
がむしゃらだったしな~。

一番自分で納得したレース展開の時のシーンは、
スローモーションで、今でも覚えてるし。
どこに何があったかも。そして誰がいたかも覚えてる。
競争相手、障害物、雪、空気、そして自分がひとつになる
あの感覚は忘れられません。ある意味サマーディ。笑
今の私ではなく前世の私を見ている気もしますが。笑

今でも続けている仲間もたくさんいるし、
また、大会に遊びに行ってみようかなぁ。
当時はずっと旧姓(渡辺)のままで出ていた。
今の名前でひょこっと顔でもだそっかな。
b0069780_23452582.jpg
[PR]
by doyoga | 2006-02-09 23:48 | life
<< 白馬でヨガしまーっす 卒論→山が呼んでいる >>