曼荼羅とステンドグラスのセッション
b0069780_18211311.jpg

ご近所のお不動さんへモノグサ夫婦は、
15日遅れての初詣?!です。笑
結構有名なお不動さんらしいです。

やっぱり高野山、金剛山の近くだけに、密教のお寺。
ここの湧き水は、なかなか柔らかくてウマイ。

古いお寺側とは別に、新しいお堂が。
その一つをフラっと覗くと、ほーー、ステンドグラスで作った
曼荼羅(まんだら)が飾ってありました。
懐かしいなぁ、大学のとき、曼荼羅を見る旅。笑

写真を撮るのは一瞬どーかなぁと思ったんですけど、
あまりにもエエ感じだったので、パシャリ。

教会などで使われることが多いステンドグラス。
最近は密教のお寺も取り入れるのねと感心。
なんだか、いい感じ。イイものはイイ。
フリースタイルだ。笑

曼荼羅の語源、サンスクリット語mandalaは、
「本質をもつもの」という訳される。

LAのレイクシュラインなんて、もっとフリースタイル。笑
ようは、"祈り”や”瞑想”の”場”

バランスボールに座りながら、パソコンを打つ、
この今のこの場も、自分がその気になれば、”場”になる。
「ドコでもヨガ」なのだ~。笑
[PR]
by doyoga | 2006-01-20 18:22 | life
<< 名は体をあらわす・・・!? 「ドコでもヨガ」 in 京都アゲイン >>