日本のこと:たまには読み物の話でも
b0069780_11185779.jpg
budokonもライフスタイルまるごと提案です。
アメリカ人のキャメロンは日本の食文化、しつけ、など
大変尊敬をしていて、生活に取り入れています。
家の中では靴を脱ぐこと、挨拶、人を尊敬すること。

初めてbudokonに出会ったとき、アメリカ人に
空手の型を習うオモシロさに、日本の方に、
日本の良さを再認識してもらえるきっかけにも
なるんじゃないかな?と思ったのも、budokonを
日本で広げたいと思った気持ちのひとつでもあります。

今週末の和ロハスイベントもコンセプトがあうから嬉しい。
和のロハスクリスマス。
http://lohas-life.jp/kansai_lohas_day.html
畳でするヨガ。「ドコでもヨガ」

昔、学生の頃、海外に行きたくて行きたくて、
留学もしたくて、そんな思いを親にぶつけたとき、
母に言われたセリフ、今でも思い出します。

「あんた、海外行きたい行きたいって、海外に
憧れているみたいやけど、そんだけ海外がエエって
比較にしているあんたの文化、日本をどれだけしってんの?
ちゃんと自分で知ってから言ってるんか?」

って言われて、結構衝撃の言葉でした。

その言葉を単純な頭の私は受け止めて、
「よっしゃ!!!海外に行きまくる前に、日本を知るぞ!」と
東海道、自転車一人旅を敢行したものです。
折りたたみ自転車で大阪から鎌倉まで一人旅。
雨にもやられ、半泣きになりながら自転車をこぎ、
静岡のおばちゃんには、「今の男の子?女の子?」と
すれ違いざまに言われた旅。笑

その後、ヨーロッパの一人旅に行きました。
その後、日本史の高校教諭の免許も取得。
その後、全部の都道府県を制覇。

我ながら単純だよなぁと思います。

んで、その私は、ジュリアーノとオードラ(キャメロンの妻)が
取り入れているRAW FOODのことを知る前に、
刺身などRAW FOODも取り入れている日本の食を
知りたいなぁと思っていたときに、薦められた本がこれ。

「養生訓」 貝原益軒著
儒学の人だけど、かなり当時では長生きした
パワフルじいちゃんが、よりよく生きるためのことを
まとめたもの。当時の食生活などがよくわかります。

なかなかオモシロいです。
最近、読みたい本が多くて、こまっちまいます。
結構読むのは早い方だけど、速読法ってどうなんだろ?
内容深くまで理解できるんやろか?
どなたか実践している人教えてください。
[PR]
by doyoga | 2005-12-14 11:21 | life
<< またしてもギリギリ告知:do_... バリ島でヨガる「AYA YOG... >>