呼ばれるままのヨガの旅<始まり編>
b0069780_1332481.jpg


帰国しました。
budokon、仕事で走り続けていたので、ある意味リセットで
呼ばれるままの旅に出てみました。
各地の情報は後日じっくりと。

はじめは、チーム小山田のリーダーTさんからドイツにおいでよ!と
いう声に甘えて、ドイツ行きを決定。
とっても、生活上級者っていうイメージのドイツを生で感じたかったっていう気持ちも前々からあったので、ドイツへ。ユーロ統合になってからの初ヨーロッパも感じたかったし。

そんな時に、@yogaさんがyoga beautyの取材としてバリに行くことを聞きつけ。
なんだかそっちにも呼ばれる声が・・・。
編集からも「行けるなら行って欲しい」と背中押しもあり、
elephantさんとも前からやり取りしてて、絶対バリはいつか行く国と決めてましたから、

ええい!ままよ!

でも、ドイツ行きはすでに決めてしまっていて、「無理かなぁぁぁ」と思ってたのだけど、いやいや何とかなるぞっと、「ワールドエアラインスケジュール」というものをゲットして、まるでネットトレーダーのように、あらゆるルートを調査。
すると、なんとバリに行くのも、ドイツに行くのもエアチケットは1万円も差がないのです。
マレーシア経由だと関西空港→クアラルンプール→フランクフルトというコースが。
クアラルンプールとバリ島の間には、Air Asiaという地元のネット販売に力を入れているエアラインが。
(さすがに日本人は誰もいなかった!笑)

バリの悲しい事件があったけど、今行くことになんだか意味があるような気がして、行くことに。そんな決心への贈り物のように、Air Asiaのキャンペーン※で片道は無料でした。
※「私たちはバリを応援し続けます」コンセプトの元、5000席分無料キャンペーン)

行くと決めてから、動いて、行き先の日程が決まったのが、4日前。
@yogaさんのヘルプとしてバリの現地に入ることになったのだが、
ヘルプどころか、余計に段取り手間をかけてしまったようだけど、
とってもステキな出会い、感覚に遭遇する日々でした。
elephantさんとも初対面なのに、すでにハグハグできて、
本当に初めて会った気がしないので、なんだか嬉しくなっちゃって。
ブログを通してであった人達は、もう意味ある人なんですなぁ、
なんて、もうここまでくると確信です。笑
とってもelephantさんと@yogaさんに感謝。
elephantさんに最後バリ島を離れるときに会えなかったのだけど、これは、
あくまでもハジマリ!またきっと会える。確信してる。

私がバリに入ったことで一番良かったのは、@yogaさんのPCが壊れて、
私のPCがあったことで、何とか原稿を書けたってこと。
なんせ、取材して、その夜には原稿を送るというハードスケジュール。

さてさて、こんな感じで私の”呼ばれるまま”旅は始まりました。
続きは次回に。

おっと、中継点だったマレーシアのクアラルンプールでもステキな出会い、
ヨガの色んな情報が入っていて、おもわぬ贈り物と新たな気づき。
これも続きは、次回に・・・。
[PR]
by doyoga | 2005-10-29 01:33 | yoga
<< 10/31「ドコでもヨガ」 i... ひとまずマレーシアから元気便り >>