ミュージックバトン遅れてダッシュ
Korinさんからミュージックバトンうけとってから、スタートするまで、時間がかかっちゃいました。おほほ。
ホント、ブログで皆さんオモシロイ遊びを考えるようねぇ。
インターネットの世界で脳のシナプスのように、あらゆるところでぶりぶりブログシナプスがつながり中!って感じだよねん。

さてさて、いきましょかー!
ミュージックバトンでダッシュ!

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
ありゃりゃ、今のコンピュータには音楽ファイル入れてないんだよね。
お仕事で使うコンピュータだから。
ダンナのコンピュータにぜーーんぶ入れてます。笑
さすがに、いまからダンナのコンピュータを「拝借」ってことをしたら、さすがに夫婦でも、ねぇ。
ちなみに、ダンナは、無類の音楽好きです。
気が向いたら家でギターを弾いております。
ギターをポローーン。オモシロイヤツ。

Q2、今聞いている曲
う・・・パソコンに向かっているときにって音楽聞かないんですよ・・・。
すぐに音楽に同調しちゃって、踊りだしちゃうから?!
料理をつくるときと、ソファーででボーとしてるとき、車乗るときはよく音楽聴きます。
今、あえて言うなら、近所の子供達の声と風の音。笑

Q3、最後に買ったCD
b0069780_1322834.jpg
このCDを知っている人は、かなりのサイケ好きと見た!
ザ・ナイト・ギャラリー3の[21st century Psycho Out]
小兵のジャパニーズサイケデリックバンドを紹介しているCD。実は、ここに収録されている大阪のバンド「猿股茸美都子」に私の仕事仲間であるグラフィックデザイナーさんがいるのですー。んで、特別価格で買いました。笑
是非皆さん買って聞いてください。なかなか夜、ろうそくの光の下で聞くのも良さそうです。彼女は音楽はもちろんファッションも何もかもがサイケで60-70年代モノが大好きなステキな人です。年上の尊敬する一人です。私もファッションと時代の雰囲気で70年代モノ結構好きで、アジアとサイケのミックスファッションとかしちゃいます。そーいえば、この時代もヨガ大流行ですよねぇ。

Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
ぬおーー、5曲。思い入れかぁ、いっぱいある迷うなぁ。

1.
b0069780_13822100.jpg
Jamiroquai[When you gonna learn]
これは大学のとき、初めて聞いて衝撃を受けたリズム。
やったらこれを聞いて、よくバカ遊びをしたなぁと思いだす1曲。
なつかしー!

2.
b0069780_13105911.jpg
RED HOT CHILI PEPPERS[Under The Bridge]
ご存知レッチリ。
この曲は、大切な友達と田舎の山奥で遊んだとき、なにげなーく、ダンナ連中がこの曲を弾きだして歌いだしたとき。
「幸せやなぁ」と思ったときの曲。友達、ダンナ、緑、手作りのゴハン、充分やなぁと思った。

3.
b0069780_13133176.jpg
Mary J Blige[No more Drama]
これは、カナダにスノーボード合宿で行ったとき、やったらかかっていた曲。
しかも、この合宿で私は手首を粉砕骨折&脱臼をして、ずーーーっと滑れない苦痛の日々が続き、そのときにMTVで何度もかかっていた曲。
このCDを買って、映画を見て、スノーボードでないカナダを見たことを思い出す。この怪我から私の人生は変革したと思うなぁ。

4.
b0069780_13141472.jpg
PISHIN [COLORS]
白馬に冬の間住んでいたとき、大好きでよく掛けていた曲。
なつかしいなぁぁ。
真っ白い雪にレゲイフュージョン。
踊ってた。

5.
b0069780_1315083.jpg
ウルフルズ「バンザイ」
とにかく好きやった昔の曲。
イエーーーーイ!と嬉しくなる曲。



6.
b0069780_1316174.jpg
あかん、6曲目に突入。いいよね。
元ちとせ「ハイヌムカゼ」
フジロックの時の野外での彼女の生声には参りました。
すごい人です。涙がでる曲です。
そして、顔、似てるといわれます。(関係ない?!笑)

7.
b0069780_1320181.jpg
あかん、これもだ。
石嶺聡子「花」
沖縄や奄美大島などの南国曲にやられる私。
これも聞くと涙が出る曲。

Q5、バトンをお渡しする5名さま
だいぶ色んなところに回っているので、あえてヨガブログを外して。
5名はいけません、2名様よろしくですー。

いつもハッピーライフのゲロリーナの夜な夜な日記
お花の先生でもあり、ヨガ友でもあり、海、旅仲間でもあるステキな女性余田紫甫 生け花教室 日記


ばとーーーん!
[PR]
by doyoga | 2005-06-30 13:22 | life
<< 奥多摩の川岸で一人アウトサイド... budokonジャパンツアーの... >>