Shiva Reaの原稿を書き終えて
どこまでもlayogaさんとは縁があるんだと思いながら、
layogaさんのトラックバックから。
Shiva Reaの原稿を書き終えた次の日の朝、ブログを読んでまわり、
layogaさんも同じ頃にShiva Reaとシヴァ神を書いていたとに気づく。

オモシロイねぇ。
Shiva ReaのYoga Trance Danceは、本当に一番
楽しみにしていたので、行きたかったよぉぉ!
「また来い」ってことか、はたまた「日本へ呼ぶ役どころ」か
当時予定されていたYoga Trance Danceは延期でした。涙

原稿のさわりから、一部Shiva Reaのレッスンを受けた感想を
原稿の一部で届けたいと思う。
この原稿は校正前なので、実際世の中にでるときは、
変わる可能性もあるけど。ほほほ。その違いも楽しんでね。
ここは原稿舞台裏のようになってきたなぁ。笑

b0069780_1181119.jpg

Shiva Rea (ヨガ・インストラクター/ヨガ研究家)
名前が自分を導く、踊るシヴァ(SHIVA)

いつの間にか身体が踊る感覚へと導かれる。ヨガをしているのだけど、感覚は踊っている。
クリエイティブなヨガの世界への水先案内人であるシヴァは、今LAで、いや全米で注目のヨガインストラクター。次々とヨガの世界に新しいムーブメントをおこす彼女から目が離せない。

父がくれた名に導かれヨガに出会う
サーファーでありアーティストでもある父から名前を与えられた“シヴァ”。
彼女の名前の由来元であるシヴァ神はインドでの踊りの神様で、宇宙のリズムを打ちならし踊ります。その踊りは世界を滅ぼし、また再生へと導くシヴァ神はヨガの祖神でもあり、「私の名前が私を導いてくれていると、最近ますます強く感じるようになったわ。」とシヴァ自身が語るように、彼女は14歳のときに初めてヨガに出会います。・・・続きはyoga beuty第3弾で!

(中略)

ヨガをしているんだけどダンス!
彼女は、ロスのヴェニスにあるSacred MovementとUCLA’s World Arts and Cultures Programでビンヤサフローヨガ(Vinyasa flow yoga)とオリジナルメソッドを元に教えている。彼女のヨガを事前にDVDで体験せずに、まっさらの状態で感じるままに彼女のレッスンを受けてみた。アシュタンガヨガとハタヨガの動きの中で呼吸を動きと意識に結びつけながら、さまざまなアーサナが途切れることのない“流れ”に。その流れがいつしかスムーズになり、まるでヨガのアーサナを組み合わせたダンスをしているような感覚におちいった。その感想をインタビュー開口一番、率直に彼女に尋ねてみた。
「途中からヨガをしているのにダンスをしているって感じたのだけど。そう、踊っている私がいたんです。」
・・・続きはyoga beuty第3弾で!
[PR]
by doyoga | 2005-05-13 11:11 | yoga
<< 白馬で旅ヨガ 富士山、7合、私も7合。 >>