高地でのヨガ
shuxakuさんへのトラックバックから。

チベットも4000mですか。doyogaの写真にもなっている、マチュピチュでのヨガですが、マチュピチュはあまり高くなく、たしか2800m前後だったと思います。ですので、全然問題なく、気持ちよくヨガできました。酸素入れ放題って感じです。(笑)

ボリビアに行ったとき、空港が4200mという脅威の空港で、そのときは、かなりクラクラして高山病になりました。徐々に高度を上げるのが一番の対処法なんですが、そのときは仕事のスケジュールも押していたので、一気に4200Mです。
高山病症状が出たときは、とにかく激しい運動をせず、安静にしながら、水分をいっぱいとるのが一番早い回復方法(特にマテ茶ね。)だと現地の人も言っていたので、アーサナとしてのヨガをするのは、避けましたが、呼吸法をしてみました。私は、ベットに寝転びながら、ふかぁーーーーい腹式呼吸を繰り返し、酸素の少ない空気の中からも効率よく体内に酸素がいきわたるイメージ。
深い深い呼吸とともに、睡魔に襲われ、いつしか深い眠りに。
そして、目を覚ましたときには、すっかり頭痛も取れ、安定していました。

厳しい環境下で生まれたヨガだからこそ、高地でも活用できたのだろうな、と今になって感じます。
[PR]
by doyoga | 2004-12-16 12:54 | yoga
<< 脱・なんちゃって生け花 マウイヨガ2<TED編> >>